ICカードによるWindows認証ソフト

おくとパス Business8

現在ご使用中のICカード社員証、Edyカード、Suica、PASMO、スマートフォンなど全てのFeliCa対応媒体をおくと、Windows認証がパスされるセキュリティソフトです。
ICカード認証 おくとパス

おくとパス Business8

ICカードをサッとかざすだけでPCに簡単ログオン!

Windows認証の鍵として使用できる高度なセキュリティソフトです。

あなたの会社セキュリティ対策してますか!?

「アンチウィルスソフト」や「ファイアーウォール」の導入だけではセキュリティ対策は不十分です。
「おくとパス」は ICカード認証(FeliCa(フェリカ)・MIFARE[TypeA]対応)で社内の機密情報を厳重にガードします!!

Windows Server上のActive Directoryにも対応しセキュリティポリシー設定でのパスワード変更要求にも対応しています。ドメインサーバーからのパスワード変更要求にも対応可能です。

発見伝

32bit・64bit 対応

windows8.1 windows10 Windows 10 IoT Enterprise

製品導入に必要なもの

おくとパス ICカードリーダー ICカード(FeliCa・MIFARE)、
又はスマートフォン(FeliCa搭載)
Mifare 二要素認証ソフト フェリカカード
ICカード
弊社よりご購入製品 ご準備いただくもの ご準備いただくもの
パッケージ版 、ダウンロード版(体験版より製品版への切り替えが可能)のライセンス認証よりご利用が可能です。

→ 機能について
→ ライセンス認証について

Sony製PaSoRi/RC-S380
導入予定の法人様に限り15日間の無料貸出を行っています。ご希望の方お申込みください。

→ 貸し出しについて
→ Mifare使用時のご注意

FeliCa対応ICカード (社員証、Suica、PASMO、スマートフォン)など全てのFeliCaカード及びMIFAREカードのご利用が可能です。

→ ご利用可能カードについて

製品の特徴

ログ管理と認証サーバー

管理サーバー不要

管理サーバー不要でログ出力の集中管理が可能。
集中管理

既存サーバーの利用可
(Active Directoryとの連携)

現在お使いのActive Directoryサーバーを認証サーバーとしてご利用可能。(※製品専用(おくとパスBusiness)の認証サーバーは必要ございません。)
集中管理

スタンドアロンPC対応

ネットワーク不要

小規模事業者の総務・経理システム等で、独立したシステムが導入されているPCへのログインを厳重に利便性良くログインすることが出来ます。
スタンドアロンPC対応

PIN(10桁)+ ICカード(FeliCa、Mifare)


※「PIN(10桁)」は、10シリーズよりの対応機能となります。

複数ICカード登録

1ユーザーで複数カードの設定が可能

1ユーザー(1PC)で複数人が同一業務を行う場合、素早く安心に対応することが出来ます。

ユーザーの混在登録が可能

Active Directoryのドメイン・サーバーユーザーとPCローカルユーザーの混在登録が可能
複数ICカード登録

大企業様向けユーザー作成ツール

数十、数百ユーザー登録時には、大企業様向けActiveDirectoryユーザー作成ツール「おくとパスUserCreator(ユーザーコレクター)」をインストールすることで、 簡単に登録・設定することが可能
大企業様向けのユーザー作成ツール

製品版と同様に全ての機能がご使用いただけます。

おくとパスUserCreator ツールの導入事例

※1ユーザーにつき900名カードユーザーまで登録可能(検証済み)
※ユーザー数が増えたことでの追加料金は発生いたしません

ICカードの混在登録

FeliCa、Mifare混在登録可能

ICカードの登録時、FeliCa(フェリカ)カードと、Mifere(マイフェア)カードを混在して登録することが出来ます。
ICカード登録

※「ICカードの混在登録」の機能は、10シリーズよりの対応機能となります。

15日間無料体験

体験版からすぐに製品版へ

15日間無料体験版を、製品版としてご利用頂く際は、アンインストールせずに、ライセンス認証を行うと、そのまま製品版とすることが可能です。

体験版(15日間)終了後でもすぐに製品版へ

15日間無料体験終了後(利用期間が過ぎた場合)でも、再インストール頂くと、ICカード・認証情報が残っているため再設定不要です。
15日間無料体験

製品版と同様に全ての機能がご使用いただけます。

ライセンス取得について 15日間無料で体験する

製品の機能

おくとパス ログオン

→ 選べるログオン方式について

現在お使いのカードでご利用が可能

ICカード / FeliCa(フェリカ)搭載

■プリペイド型電子マネー

  • 楽天Edy

    楽天Edy(エディ)

  • WAON

    WAON(ワオン)

  • FeliCa

    FeliCa(フェリカ)

■交通系ICカード

  • Suica

    Suica(スイカ)

  • PASMO

    PASMO(パスモ)

  • ICOCA

    ICOCA(イコカ)

  • PiTaPa

    PiTaPa(ピタパ)

  • TOICA

    TOICA(トイカ)

■その他

  • 社員証

    社員証

スマートフォン / モバイルFeliCa(フェリカ)搭載
  • iPhone7

    iPhone7、iPhone7 Plus

  • Android

    Android

  • おサイフケータイ

    おサイフケータイ
    (対応ガラケー可)

重複ユーザー登録機能

1アカウントユーザーを複数人(複数カード)での運用が可能。

「重複ユーザを許可する」へチェックすると、1つのWindowsアカウントユーザーに複数のICカードが登録できます。 おくとパス管理ツール画面を開いて、「ツール」タブをクリックします。
「重複ユーザを許可する」へチェック後、「セキュアユーザー」タブにてユーザ登録を行うと、1ユーザーに複数枚(900名カードユーザーまで検証済み)のカード登録が可能となります。
重複ユーザー登録機能

おくとパス管理ツール

※重複ユーザー登録の設定は保持されませんので、その都度「重複ユーザーを許可する」へチェックを入れてください。(セキュアユーザの登録は初回のみです。)

高セキュリティ設定について

1ユーザー複数枚のカード登録では作業の手間が軽減されますが、1ユーザー1カードの方がより高セキュリティです。 御社の運用環境にあわせてご利用ください。

選べるWindowsログイン方式

  • おくとパスBusinessインストール直後は、「ダイレクト・ログイン方式」でのログオンとなります。
  • 多数のユーザーアカウントが設定されている場合も、ICカード、又はスマートフォンをかざすと、 ICカード、又はスマートフォンに登録したユーザーに安全にログインされます。

ダイレクト・二要素認証方式

ICカードセキュアキー認証

1. ダイレクト・ログイン方式

ICカード、又はスマートフォンをかざすだけで、安全に認証 Active Directory(Windowsドメイン接続認証)が可能。 セキュリティーと利便性の向上を実現します。

二要素認証・ログイン方式

スクリーンセーバー、スリープ、休止状態から、かざすだけでログインが可能です。


二要素認証ICカード方式

Windowsユーザー認証 + セキュアキー認証

2. 二要素認証・ログイン方式

より厳重な二要素認証セキュリティーログインを実現! ICカード、又はスマートフォン+windows認証。(ID+PASS) 従来のパスワード入力に加え、セキュアキー認証を追加する事により、より厳重なセキュリティを実現しました。文科省教育情報セキュリティポリシーガイドライン対応

二要素認証・ログイン方式(操作手順)

二要素認証・ログイン方式 操作方法
セーフティモードを搭載

万一カードの紛失、カードリーダーの故障などの緊急時にも安心のセーフティモードを搭載。校長・教頭の負担を軽減
通常のユーザー名、パスワードの入力のみでログインできるセーフティモードです。

※但し、このモードを起動するには管理者の許可が必要になります。(要パスワード)

octpass_function_4.jpg

セーフティモードのログイン画面

セーフティモードの起動方法
1)キーボードのCtrlとAltを押してながら↑(上矢印キー)を押します。
2)パスワード入力画面が表示されますので1111を入力します。
3)パスワードは、管理画面にて変更が可能ですので運用時には必ず変更を行ってください。
リモートデスクトップ接続対応
おくとパスアカデミックが導入されているパソコンに対してリモートデスクトップ接続時に、セーフモードを起動し安全にログインすることが可能となります。
※リモートデスクトップ接続はセーフティモードにより実現することが可能です。

ログ管理機能

不正利用時に解析。
PCの利用状況をしっかり管理。

ログオン、ログオフ情報をログとして記録し、いつ誰が利用したかを管理できます。 未登録のカードの使用やログオンエラーの情報も記録する為、 不正なログオンを試みた等の疑わしい行為の形跡も残すことができます。
ログに記録される情報
1.日時 YYYY/MM/DD hh:mm:ss
2.ユーザーアカウント名 ログオンユーザー名
3.処理内容
  • ログオン
  • ログオフ
  • シャットダウン
  • 認証エラー
4.ログオンモード 
  • ダイレクトモード
  • ベリファイモード
  • セーフティモード
  • 未登録カード
5.ユーザー名 ユーザー名 or ドメイン名
6.FeliCaカードIDM FeliCaカード個体識別子情報
ログ管理

PCへログ保存

離席時Windowsロック機能

カードリーダーからICカードを外すと自動的にWindowsロック!

文部科学省策定の教育情報セキュリティポリシーガイドライン二要素認証システムに対応


カードリーダーからカードを外すと、自動的にWindowsロック状態になります。
スクリーンセーバー画面

おくとパス管理ツール

自動スクリーンロック機能

長時間席を離れる事があっても安心!

カードリーダーにICカードを置いたままでも、スクリーンセーバーの起動によって、自動的にロックがかかります。
スクリーンセーバーが起動しましたら、自動的にWindowsロックがかかります。再度、カードをかざしてログオンしてください。
二要素認証ICカード

スクリーンセーバー画面

ご注意

この機能を使用するには、あらかじめ「スクリーンセーバー」の機能を設定してください。

※「再開時にログオン画面に戻る」にチェックを入れ、「適用」ボタンをクリックします。

スクリーンセーバー画面

Windows画面のプロパティ

USBポートロック機能

情報漏洩の主な原因の1つ、PCからのデータ不正持ち出し。
USBポートのロックで情報漏洩対策にも安心!

PC本体のUSBポートを、パスワードでUSBポートロックおよび解除設定が出来ます。
USBポートロック機能を用いPC本体のUSBポートをロックする事で、USBストレージ(USBスティックやUSBハードディスク)による情報の持ち出しを防止します。
USBロック機能

おくとパス管理ツール

USBポートロック時でも大容量記憶媒体以外のマウス、キーボード、ICカードリーダーの使用は可能です。!

USBポートロック機能を使用している状態でも、マウスやキーボ-ド、フェリカリーダー、テンキー など、大容量記憶媒体以外の媒体を利用可能!日常業務に必要な操作の妨げになりません。
USBポート
二要素認証、ICカードとWindowsID+PASS

Active Directoryとの連携

→ Active Directory認証サーバーへログイン出来ない場合はこちら

おくとパス Active Directoryとの連携
Active Directory(Windowsドメイン接続認証)対応
  • Windows Vista Business Edition以上
  • Windows 7 Professional Edition
  • Windows 8.1 Professional Edition
  • Windows 10 Professional Edition以上
ご注意
  • Active Directory(Windowsドメイン接続認証)対応は、Business7、Business8で対応しています。
  • おくとパスPersonal、Personal7は対応していませんのでご注意下さい。
  • Active Directory連携時は、別途ライセンスが必要となる場合がありますのでお問い合わせ下さい。
    (当初ローカルユーザーからドメインユーザーへ変更時)
セキュアキーの割り当て画面

Active Directoryとの連携。

●パスワードの有効期限やセキュリティポリシーの変更なしに導入が可能。
●1台のPCで複数ユーザーのログインに対応。
(現在50ユーザーまで検証確認済)

ドメインのツリー構造

ドメイン・ツリーは、名前付け規則に従い階層的に構築されます。 1つの親ドメインの下に、子ドメインが置かれ、連続的なDNS名前空間を構成します。
同じドメイン・ツリーに属するドメイン間には双方向に信頼関係が結ばれるため、 他のドメインへのアクセスも提供されます。

ルートドメイン

ドメインツリー

Active Directoryのディレクトリ・データベースを管理する
「ドメイン・コントローラ」とは?

ドメイン・コントローラとは

ドメイン・コントローラとは?
「ドメイン・コントローラ(DC)」とは、Active Directoryのディレクトリ・データベースを管理するサーバを指します。 ネットワーク上の個々のユーザーのアカウント情報を一元管理し、それぞれのユーザーに対する「認証」やアクセスの「認可」を行っています。
Active Directoryドメインをインストールする場合、1台以上のドメイン・コントローラが必要になります。

※Active Directory(Windowsドメイン接続認証)に対応したWindows
→ Windows 8.1 Professional Edition以上

利用方法は?
認可されたユーザーが、認証を受けて、初めてドメイン内のリソースを利用できるようになります。
認可
ユーザーとコンピュータをディレクトリ・データベースに登録する作業
認証
データベースに基づいて正当な利用者かどうかを判定する作業

→ Active Directory認証サーバーへログイン出来ない場合はこちら

ICカード・ユーザー情報一括登録・管理

数十、数百ユーザー登録時には、「おくとパスUserCreator」にて簡単に設定することが可能です。

大企業様向け
- Active Directoryユーザー作成 -

ICカード・ユーザー情報一括登録・管理「セキュアリスト」
ICカード・ユーザー情報一括登録・管理「セキュアリスト」
UserCreatorの特徴
1. CSVリストの読込
2. ユーザーの追加、修正、削除
3. ICカード「カードID」登録
4. ICカード「カードID」の連続読込
5. セキュアリストの暗号化

製品版と同様に全ての機能がご使用いただけます。

おくとパスUserCreator ツールの導入事例

Windows認証の仕組み

Windows認証の仕組み

おくとパス内の情報

PC名 /
ドメイン名
ユーザーID パスワード セキュアキー カード固有ID
(IDm)16桁
PC2015 user01 XXXXXX 2F35652 フェリカ

211003345E890F91

ServerA.CCA.jp user02 XXXXXX 3562F34 フェリカ

211003345E890F91


おくとパスBusiness10PよりPIN対応

PC名 /
ドメイン名
ユーザーID パスワード セキュアキー カード固有ID
(IDm)16桁
暗証番号
(PIN)
PC2015 user01 XXXXXX 2F35652 フェリカ

211003345E890F91

XXXXXXXX
ServerC.CCA.jp user02 XXXXXX 3562F34 フェリカ

211003345E890F91

XXXXXXXX
PC2016 user03 XXXXXX 4F35652 マイフェア

211003345E890F91

XXXXXXXX

CPU・メモリの負荷について

弊社製品を導入することによってCPUやメモリへの負荷を与えることは一切ありません。
PCが遅くなったりすることもございませんので、安心して使用いただけます。

インストール後ご利用中は、OctpassLockWorkstation、OCTPASSdaemon、OctpassLogの3種類が稼働します。

CPU・メモリの負荷について

タスクマネージャー



価格・機能一覧

二要素認証製品

※情報更新日:2019年7月11日、参考価格はすべて「税抜き価格」です。参考価格は、予告なく変更される場合があります。

製品名 おくとパス
Business7
(FeliCa)
おくとパス
Business8
(FeliCa)
おくとパス
Business10P
(FeliCa・Mifare)
対応OS
  • windowsVista
  • windows7
  • windows8
  • windows10
  • Windows 10 IoT Enterprise
  • windows8
  • windows10
  • Windows 10 IoT Enterprise
オペレーティングシステム 32,64bit

OS・bit数確認方法

32,64bit

OS・bit数確認方法

32,64bit

OS・bit数確認方法

対象 中小企業/教育/士業 金融/自治体/医療/IT 金融/IT企業
価格(ライセンス価格)
1~30ライセンス

15,300円~7,200円

(参考価格)
お見積り

23,400円~16,200円

(参考価格)
お見積り

27,500円~
17,500円

(参考価格)
お見積り
保守料金 2年間
初回導入時0円
1年間追加
1PC/2000円(税抜き)
2年間追加
1PC/2500円(税抜き)
3年間追加
1PC/3000円(税抜き)
3年間
初回導入時0円
1年間追加
1PC/2000円(税抜き)
2年間追加
1PC/2500円(税抜き)
3年間追加
1PC/3000円(税抜き)
3年間無償
+1年2,000円/1PC
+2年2,500円/1PC
+3年3,000円/1PC
製品バージョンUP価格
(保守継続時)
(Business8からの差額)
7,000円(税抜き)+
保守2年付き
製品バージョンUP価格
(Business7から)
6,500円(税抜き)+
保守1年
8,500円(税抜き)+
保守2年付き
製品バージョンUP価格
(personal7から)
5,000円(税抜き)+
保守1年
8,000円(税抜き)+
保守1年
Windows(8、8.1、10、10 IOT Enterprise)
FeliCaカード
MIFAREカード[TypeA]※1
MIFARE・FeliCaカード混在登録
不正アンインストール防止
(PassWord要求)
管理画面
(PassWord要求)
二要素ICカード認証
(PIN+ICカード)
二要素ICカード認証
(WindowsID、PASS+ICカード)
PIN有効期限設定
(PIN変更要求)
未実装
ActiveDirectory
(Windows Server 2008,2012,2016)
*3 *3 *3
ドメイン側からの
パスワード変更要求
(パスワード期限設定時)
接続先ドメイン名変更
(Active Directory接続時)
1アカウント複数ユーザーカード登録
(900ユーザーカード対応)
アカウントパス一括変更
複数カード登録(上記機能)
(パスワード変更時対応)
認証履歴ログ出力
(時刻、PC名、ユーザーアカウント、カード情報等)
カード識別子情報管理
(カードユーザー名の識別子をログ出力)
ログ出力の出力先を変更
(NAS又は共有フォルダで集中管理)
離席時Windowsロック機能
(カードリーダーからカードを外すとWindowロック)
USBロック
(パスワード入力で全PORTをロック・解除)
リモートデスクトップ接続時、
セーフティモードログイン機能対応
CD・DVDやリムーバブルドライブの
自動起動(オートラン)を無効にする機能
USBを書込み不可
(読み出し専用デバイス)とする機能
ユーザーごとに勤怠表(CSV形式)
出力する機能
その他カスタマイズ機能 ※2
おくとパス管理ツール
リリース状況 リリース履歴 リリース履歴 リリース履歴
体験版ダウンロード
(15日間無料)
Download
Business7
64bit/FeliCa版

ver1.1.10 (2019/07/26)

Download
Business7
32bit/FeliCa版

ver1.1.10 (2018/02/11)

Download
Business7
64,32bit/FeliCa版

ver1.1.10 (2019/07/26)

Download
Business8
64bit/FeliCa版

ver2.2.5 (2019/06/25)

Download
Business8
32bit/FeliCa版

ver1.1.3 (2018/02/11)

Download
Business8
64,32Bit,FeliCa版

ver2.2.5 (2019/06/25)

Download
Business10P
64,32Bit,FeliCa・Mifare版
マニュアル PDFダウンロード PDFダウンロード
パンフレット PDFダウンロード PDFダウンロード PDFダウンロード
パンフレット一覧
対応ICカードリーダー FeliCa フェリカ対応ICカードリーダー

[ Sony製PaSoRi ]

RC-S360/S,RC-SC360/SH,RC-S370,RC-S380/S

[ Sony製PaSoRi ]

RC-S380/S
RC-S380/P(Mifare利用時の注意事項)
製品詳細 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る
製品名 おくとパス
Business7
おくとパス
Business8
おくとパス
Business10P
※ドメイン接続に対応したWindows:Windows 8Professional Edition以上, Windows 8.1 Professional Edition以上, Windows 10 Professional Edition以上
※1:MIFARE[TypeA]対応
※2:御社のご要望の機能を実装し半製品として出荷することが可能です。
※3 購入時ローカルユーザーから変更の場合別途料金が発生します。(保守契約無し時)
保守内容 1)おくとパスBUsinessシリーズの再インストール、OSの入替え・バージョンアップ、 コンピュータの代替といった類の弊社製品インストール時において、 購入したライセンス数の範囲で新たなライセンスを発行します。
OSのバージョンアップは、ご購入製品の使用可能OSの範囲内とします。
※弊社製品は、インストール時にプロダクトIDが生成されるため新たなライセンスが必要となります。

2)障害時やインストール時における問題についてのお問合せは、メールにて受け付けます。
support@cca-co.jp
インストールメディアCD 弊社製品「おくとパスBUsiness」の再販時にご必要な場合に2,500円(税抜き)にて郵送させて頂きます。(送料込み)

ICカードリーダーの貸し出しについて

おくとパス導入予定の法人様に限り15日間の無料貸出を行います。
新品を送付しますので、1台分の前納品とさせて頂きます。
貸出機器 ICカードリーダー(SONY RC-S380/S)

FeliCa フェリカ対応ICカードリーダー
RC-S380(PaSoRi)は、パソコンやプリンターなどへのログインやアプリケーション認証などの用途に利用可能な、 FeliCaやISO/IEC14443 Type A/Type Bのさまざまな非接触ICカードに対応する汎用性の高いUSB対応のリーダー/ライターです。

SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi(パソリ) RC-S380/S

貸出期間 15日間
貸出申し込み先

1)お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームより、下記必要項目をご入力後送信下さい。お問い合わせフォーム
■貴社名
■担当者のお名前(フリガナ)
■メールアドレス
■電話番号
■お問い合わせ内容欄へ「希望貸出期間」、「お届け先のご住所」

2)FAX

上記の必要項目を記載の上、FAX:098-979-9713 までお送り下さい。
注意事項 ※貸出期間が30日を超えた場合もしくは、「おくとパス」製品の購入の申し出がない場合には、 貸出機器の代金+送料(全国一律700円)をご請求させていただきます。
※貸出は無料ですが、事故や故障、機器の破損に係る費用負担は、原則お客様の責任となりますので、ご注意下さい。
※貸出時の配送料は無料ですが、返品の際はお客様負担となりますのでご了承下さい。

製品版のご案内

ICカードによるWindows認証ソフト

おくとパス Business8

[ JANコード: ]
●送料無料
●インストールCD-ROM
●セットアップガイド
●ライセンス証書
価格はこちら

価格帯 年間ライセンス料金(ライセンス価格+保守料金)
ライセンス ・1ライセンス
・3ライセンスパック
・5ライセンスパック
・10ライセンスパック
その他 インストールメディアは、5ライセンス以上ご購入の場合必須となります。

パッケージ版の種類

おくとパス

おくとパス

インストールCD-ROM

おくとパス

おくとパス

インストールCD-ROM
FeliCaカードリーダー(スティックタイプ)パック

発見伝

おくとパス

インストールCD-ROM
FeliCaカードリーダー(据置きタイプ)パック

動作環境

対応OS
※ プラン別の対象OSは、上記表をご確認ください。
※ 対象OSは日本語版 Windows のみです。
MicroSoft .NET FrameWork 3.5以上
CPU OS推奨値以上
推奨:2GHz以上
メモリ OS推奨値以上
推奨:2GB以上
HDD容量 管理コンソールのインストールには、システムドライブに10MB以上の空き容量が必要です。
ディスプレイ 1024×768以上の画面解像度で運用してください。

ライセンスについて

ライセンス証書に、「保守有効期限」が記載されておりますので期限をご確認ください。

保守期間はライセンス認証日より数えて、「○年後の月末日まで」となります。
(複数ライセンスの場合:1番目のライセンスを認証した日が起算日となります。)

複数ライセンスの保守期間
※図は、保守期間:3年間の場合です。
例)3/4に、5ライセンス中の1ライセンス取得。この日が起算日になります。この場合、保守期間は、起算日(3/4)から数えて 3年後の3月末日までになります。
複数ライセンスの保守期間

ライセンス証書に、「保守有効期限」が記載されておりますので期限をご確認ください。

ライセンス取得方法、お客様サポート一覧をご確認いただけます。

ライセンス取得について サポートについて

ライセンスの適用範囲について

1)本ソフトウェアは許諾されるものであり、販売されるものではありません。
2)本ライセンスは、お客様に本ソフトウェアを使用する限定的な権利を付与します。
3)適用される法令により本ライセンス条項を超える権利が付与される場合を除き、お客様は本ライセンス条項で明示的に許可された方法でのみ本ソフトウェアを使用することができます。
4)お客様は、本ソフトウェアに組み込まれた使用方法を制限する技術的制限に従うものとします。以下の行為は一切禁止されています。
     
  • 本ソフトウェアの技術的制限手段を違法に回避する方法で利用すること
  • 本ソフトウェアをリバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルすること
  • 本ライセンス条項で規定された以上の数の本ソフトウェアの複製を作成すること
  • 第三者が複製できるように本ソフトウェアを公開すること
  • 本ソフトウェアをレンタル、リース、または貸与すること
  • 本ソフトウェアまたは本ライセンス条項を第三者に譲渡すること
  • 本ソフトウェアを商用ホスティング サービスで使用すること

登録商標について

  • おサイフケータイはNTTドコモの登録商標です。
  • FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
  • Edyは、ビットワレット株式会社の管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。
  • PiTaPaは、株式会社するっとKANSAIの登録商標です。
  • eLIOは、株式会社ソニーファイナンスインターナショナルの登録商標です。
  • PASMOは、株式会社パスモの登録商標です。
  • Suicaは、東日本旅客鉄道 (株) の登録商標です。
  • ICOCAは、西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
  • TOICAは、東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。
  • FeliCaプラットフォームマークは、フェリカネットワークス株式会社の登録商標です。

購入後のサポートについて

  • 平日9:00〜17:00、緊急時は、お電話にて対応、以外はメール受付。
  • 分からないことや困ったことなど、お気軽にお問い合わせください。
  • 通話・通信料金はお客様のご負担となります。

制限及び注意事項

1)PCのOSとビット数の確認方法

ご利用になる前に、お手元のPCのシステムの種類、32ビット版か64ビット版かをご確認下さい。

詳しくはこちら

2)ログオンパスワードで使用できない文字について

おくとパスでは、ログオンパスワードとして「;」(セミコロン)は使用できません。

詳しくはこちら

3)Active Directory認証サーバーへログイン出来ない場合

正確に入力した情報にてログインできない場合にお試し下さい。

詳しくはこちら

4)ユーザー切り替えが出る場合

ユーザーの切り替えボタンが左側に表示されて、この状態でカードをかざしても反応しない現象の場合にお試し下さい。

詳しくはこちら

5)マイフェアカード使用時のカードリーダー設定について

個人用モデル(Pシリーズ)のカードリーダーをご利用の場合、 MIFARE(マイフェア)カード使用時は、カードリーダー「NFP有効」設定が必要となります。

詳しくはこちら

5)Windows10でリモートデスクトップ接続時のセーフティモード

スクリーンキーボードを使用し接続できます。

詳しくはこちら


キャンペーン
発見伝  おくとパス 実績 事例 15日間体験版