「おくとパスBusiness」セキュアリスト設定方法


おくとパスをインストールした複数台数のパソコンに対して、ツールを利用することにより アカウントユーザー情報「セキュアリスト」の設定をスムーズに行うことが可能です。
設定後はすぐに登録したセキュアリスト情報を使ってログインできるようになります。

複数PC・ユーザーを運用される企業様向けのツール・テンプレート

ダウンロードツール

おくとパスBusiness8のユーザー一括作成ツール
内容 用途 ダウンロード
ユーザー作成
(ツール)
ユーザー一括作成機能をご利用頂く際に必要なツール(UserCreator2)です。 ツール
(OctpassUserCreator2.zip)
ユーザー作成用CSVリスト
(テンプレート)
ユーザー作成機能をご利用の際、読込用CSVリストのテンプレートをご利用ください。 テンプレート
(TemplateCSV.zip)


おくとパスBusiness10シリーズのユーザー一括作成ツール
内容 用途 ダウンロード
ユーザー作成
(ツール)
ユーザー一括作成機能をご利用頂く際に必要なツール(UserCreator2P)です。 ツール
(OctpassUserCreator2P.zip)
ユーザー作成用CSVリスト
(テンプレート)
ユーザー作成機能をご利用の際、読込用CSVリストのテンプレートをご利用ください。 テンプレート
(TemplateCSV2.zip)
内容 用途 ダウンロード
ユーザーインポート
(ツール)
「おくとパスUserCreator」または「おくとパスBusinees」管理画面 にて設定されたユーザー情報(User.table.enc)を設定対象の複数PCへインポートし簡単に設定することが可能です。 ツール
(OctpassUserTableImportTOOL.zip)

対象1:WORKGROUP(ワークグループ)型の端末設定

PC10台~40台程度のワークグループ構成

ワークグループ例

セキュアリスト登録情報

アカウント名
アカウントパスワード
ドメイン名/PC名
フェリカカードIDm
ユーザー パスワード Active Directory/PC カードID
K001 P001 211003345E890F91
K002 P002 211003345E890F92
K003 P003 211003345E890F93
K004 P004 211003345E890F94
K005 P005 211003345E890F95
K006 P006 211003345E890F96

マスターセキュアリスを作成

マスターセキュアリスの作成後、1台約6分(6台の場合トータル30分)程と、スムーズに設定を行うことが可能です。

対象2:stand-alone(スタンドアロン)型の設定

スタンドアロン(単独で動作している状態のパソコン)型では、ログイン対象のパソコンにICカード情報を設定することで、ネットワークを介してICカード情報が正しいかどうかを問い合わせることなく利用可能です。

対象3:Active Directory ドメイン認証型の設定
(アクティブディレクトリ)

PC100台~構成でActiveDirectoryのドメイン認証サービスを使用した設定

発見伝  おくとパスBusiness 実績 事例 15日間体験版