提携企業&代理店募集

IIA webニュース

今日のセキュリティ

製品紹介動画一覧ページ

物理的対策とは

物理的対策とは

2014/08/13 17:48

情報セキュリティ対策には、いくつかの対策があります。
一般には、物理的対策、技術的対策、人的対策の3つです。


物理的セキュリティ対策とは

情報漏洩対策として、最初に必要と思われるのが物理的なセキュリティ対策です。

媒体や機器が「盗難」「紛失」(「壊れる」)といった事象に備えます。

よく耳にする言葉に変換すると、「防犯」「入退室管理」「ドアや棚の施錠」「監視カメラ」といった日頃の業務で何気なく行っている事が物理的なセキュリティ対策にあたります。

■具体例
・入退の日付、時刻を記録する。
・IDカード等の認証システムの導入。
・暗証番号錠、ICカード、生体認証等の施錠管理。
・社員、訪問者の証明書等を常時表示する。
・重要な部屋・場所(セキュリティエリア)への立ち入りは、必要最小限にする。

セキュリティエリアというと、施錠が必要な部屋といった厳重なイメージもありますが、実際には、ここから部外者立ち入り禁止といった区切っただけのスペースでも問題ありません。ただ、その場合には目線より高いパーテーションを設置する等の工夫を行ってください。

物理的セキュリティは、設備の導入が必要になる面もあり費用負担のある場合も多いですが、少しの工夫で現状より高セキュリティな環境へと変更する事が出来ます。ぜひ、身の回りをもう一度見直してみてください。





このページの上部へ