提携企業&代理店募集

IIA webニュースページ

今日のセキュリティ

製品紹介動画一覧ページ

紙ベースでの情報漏洩を防ぐ

紙ベースでの情報漏洩を防ぐ

情報漏洩は印刷物から・・・

2005年より施行された個人情報保護法により、企業の情報漏洩対策の導入は大幅に進みました。 しかし、個人情報の漏洩事故は頻繁に起こっています。

原因は、利用者のうっかりミスや誤操作などといったヒューマンエラーによる事故。
中でも、紙媒体からの情報漏洩が大きな割合を占めています。



印刷物の放置により、個人情報・機密書類・研究資料の情報が漏洩してしまう。 また、他の印刷物へ紛れ込むなどして、大切な情報が漏洩してしまう事故が後を絶ちません。




印刷物からの情報漏洩抑止。どのように防ぐ?

1.認証されたユーザーのみログオン可能にする


まずは、大切なデータが保存されているPCを守ります。

PCセキュリティソフトウェア「おくとパス」を導入し、 PCログオン時に本人認証を行えば、認証されたユーザー以外はPCにアクセス出来なくなり 簡単・安全にセキュリティをアップさせる事が出来ます。

また、ログオン・ログオフ情報をログとして記録し、いつ誰が利用したかを管理できます。

未登録のカードの使用やログオンエラーの情報も記録する為、 不正なログオンを試みた等の疑わしい行為の形跡も残すことができます。




PCセキュリティソフト「おくとパス」

■PCセキュリティソフトウェア「おくとパス」とは・・・
「おくとパス」は、FeliCa対応おサイフケータイやICカード(FeliCa・MIFARE[TypeA])をWindows認証の鍵として使用できる高度なセキュリィティソフトです。
「Windows Server上のActive Directoryにも対応しセキュリィティポリシー設定でのパスワード変更要求にも対応しています。

PCセキュリティソフトウェア「おくとパス」の詳細へ





2.更に強固なセキュリティを目指す

PCへのログオン認証だけではなく、プリンタへの印刷物放置による紛失や、他の印刷物への混入による持ち出し等も防ぎたい!とお考えの方には、 おくとパス」と「ICカード認証プリントサーバー(canon AS-D1)」の連携をおすすめします。 (※「Active Directory認証」をおすすめします。LAN接続も可能。)

「おくとパス」と「ICカード認証プリントサーバー(canon AS-D1)」の連携


「おくとパス」+ 「ICカード認証印刷」で解決!


既存の印刷環境をそのまま活用出来るので、低コストで導入可能。

認証印刷を利用することで、ICカードを鍵にして印刷物の受け取りをコントロールすることができます。 これにより印刷物の持ち去り、取り間違い、のぞき見などに起因する情報漏洩のリスクを軽減します。


下記の図は、「canon ICカード認証プリントマネージャーAS-D1(Active Direcotyr認証)」と連携した場合です。 (canon AS-D1 http://www.canon-is.co.jp/product/as/index.html)


認証印刷イメージ


印刷時の個人認証には非接触ICカードを使用します。
認証はICカードをカードリーダーにかざすだけです。 パスワードを覚えたり、入力したりする必要はありません。


Active Direcotyr認証を行わないLAN接続も可能です。


御社の環境に合わせてご利用下さい。


PCセキュリティソフトウェア「おくとパス」の詳細へ
canon AS-D1の詳細へ


嬉しいコストダウンも

印刷物の取り忘れによる再印刷、重複印刷などの無駄を減らします。

認証印刷を導入すれば、印刷実行者がICカードをカードリーダーにかざすまで用紙が出力されません。 パソコンで印刷を実行した後でも、ICカードをかざす前であれば印刷データを削除することが可能です。

印刷用紙の削減で紙資源を節約!環境にやさしいオフィスづくり


また、排紙が実行されなかった印刷ジョブは一定時間後削除されますので、セキュリティーも安心です。 これにより、無駄な印刷を削減し、用紙の使用量を抑えることができます。





おくとパス体験版ダウンロード

★利用条件・試用期間中の制限など

試用制限は、ログオン回数150回または使用15日間です。
継続利用される方は、ライセンスキーを購入して頂く必要があります。
試用制限が過ぎますと通常のWindowsログイン画面へ戻ります。
安心してご試用頂けます。

おくとパスBusiness8

おくとパスBusiness8 マニュアル 「おくとパスBusiness8」マニュアルはこちら

おくとパスBusiness ・おくとパスBusiness8 の詳細へ

※Active Directoryに対応しています。★15日間無料使用可能です。




おくとパスBusiness8FeliCa版32bit
対応OS Windows8 Windows8.1 Windows10

■FeliCa版 32bit
おくとパスBusiness8 32bit (Windows8,Windows8.1,Windows10)
FeliCa版 体験版ダウンロード
(ver1.1.9・2016/04/01 版)

「おくとパスBusiness8」体験版ダウンロード

※体験版でも、製品版と同じ全ての機能をご利用できます。




おくとパスBusiness864bitFeliCa版64bit
対応OS Windows8 Windows8.1 Windows10

■FeliCa版 64bit
おくとパスBusiness8 64bit (Windows8,Windows8.1,Windows10)
FeliCa版 体験版ダウンロード
(ver1.1.9・2016/04/09版)

おくとパスBusiness8(Windows7,WindowsVista,Windows8.1) FeliCa版 64bit 体験版ダウンロード

※体験版でも、製品版と同じ全ての機能をご利用できます。




※使用できるICカードリーダーは、【Sony製PaSoRi】RC-S330/S,RC-S360/S,RC-SC360/SH,RC-S370,RC-S380です。→ 動作確認済み対応機器一覧

※Google ChromeブラウザーでWebからファイルをダウンロードする際、「不正なファイル」と判定されてブロックされることがあります。「破棄」ボタンの右側を押して「継続する」を選択してください。

chrome エラー




おくとパスBusiness7

おくとパスBusiness7 マニュアル 「おくとパスBusiness7」マニュアルはこちら

おくとパスBusiness ・おくとパスBusiness7 の詳細へ

※Active Directoryに対応しています。★15日間無料使用可能です。




おくとパスBusiness7FeliCa版32bit
対応OS WindowsVista Windows7

■FeliCa版 32bit
おくとパスBusiness7(Windows7,WindowsVista) FeliCa版 32bit 体験版ダウンロード (ver1.1.7 2014/08/11 版)

おくとパスBusiness7体験版ダウンロード

※体験版でも、製品版と同じ全ての機能をご利用できます。




おくとパスBusiness764bitFeliCa版32bit
対応OS WindowsVista Windows7

■FeliCa版 64bit
おくとパスBusiness7(Windows7,WindowsVista) FeliCa版 64bit 体験版ダウンロード (ver1.1.7 2015/03/09 版)

おくとパスBusiness7(Windows7,WindowsVista) FeliCa版 64bit 体験版ダウンロード

※体験版でも、製品版と同じ全ての機能をご利用できます。



おくとパスBusiness7MIFARE版32bit
対応OS WindowsVista Windows7

■MIFARE版
おくとパスBusiness7(Windows7,WindowsVista) MIFARE版 32bit 体験版ダウンロード (2013/05/02 版)

おくとパスBusiness7 MIFARE版体験版ダウンロード

※体験版でも、製品版と同じ全ての機能をご利用できます。

おくとパスBusiness

おくとパスBusiness マニュアル 「おくとパス」マニュアルはこちら




おくとパスBusiness ★15日間無料使用可能です。

※Active Directoryに対応しています。

おくとパスBusinessFeliCa版32bit
対応OS WindowsVista

おくとパスBusiness(XP) 32bit 体験版ダウンロード (ver1.2.3 2011/08/13 版)

おくとパスBusiness体験版ダウンロード

※体験版でも、製品版と同じ全ての機能をご利用できます。


おくとパスに必要なもの

※無料体験版より継続利用される方は、
ライセンスキーを購入して正規版にして頂く必要があります。


お問い合わせ 』より、「おくとパスライセンスキー購入について」ご連絡下さい。


ライセンス登録をされる場合 ライセンス登録申請 宛てに「おくとパスキー」を送信してください。
(「おくとパスキー」は「おくとパス管理ツール」内の「ライセンス登録」に記載しております)

>> ライセンス取得についての詳細はこちら



おくとパスに必要なもの









このページの上部へ