よくあるご質問

ICカードによるWindows認証ソフト「おくとパス」について、
お客さまから多く寄せられるご質問とその回答をご案内しています。
おくとパス

導入前によくあるご質問

FeliCa(フェリカ)とはなんですか?
ソニーが開発した非接触型IC技術の名称です。
AFeliCa(フェリカ)は、ソニーが開発した偽造・変造しにくく、高い安全性を持ちながら、スピーディーなデータの送受信が可能な、非接触ICカード技術方式です。 携帯電話にFeliCaチップを搭載することで、EdyやSuica(モバイルSuica)などを携帯電話で利用できます。

→ SONY JAPAN FeliCa概要

おくとパスBusinessを使用するために必要なものは何ですか?
「ICカードリーダー」と「FeliCa対応カード または おさいふケータイ」が必要です。
パソコンに内臓されているタイプと、USB端子で外付けするタイプがあります。
※SONY製PaSoRi は動作確認済みです。IO DATA製品は未対応となっております。予めご了承下さい。
ICカードリーダーは、何が使用できますか?
「SONY製Pasori」が使用可能です。
RC-S380は、おくとパスBusiness10,8,7全ての製品で利用できます。
おくとパスBusiness7(RC-S330/S,RC-S370/S,RC-S380/S),おくとパスBusiness8(RC-S330/S,RC-S370/S,RC-S380/S)
おくとパスBusiness10シリーズ(RC-S380/S)
パソコン内蔵型のICカードリーダーも使用できますか?
パソコン内蔵型のICカードリーダーも使用可能です。 ご利用の際は、NFCポート用アプリケーションのインストールを行い、カードの読み取り確認後おくとパスのインストールを行ってください。 法人向けノートパソコンのNEC VersaPro でも検証済みです。

→ NEC VersaPro

おくとパスBusinessでは、どのようなカードが使用できますか?
FeliCa(フェリカ)カードであれば、どれもご利用可能です(FeliCaカード、FeliCa Lite、FeliCa Lite-S)。
ICカード式社員証、Edyカード、Suica、PASMO、おさいふケータイなど全てのFeliCa対応媒体でご利用が可能です。

通信方式:ISO/IEC 18092(Passive mode)
固有ID(IDm):8byte(16桁)
暗号処理:有り無し両方に対応

FeliCaカード参考:→ ステルス・ネットワークス株式会社

おくとパスBusinessで、Mifareカードが使用できますか?
Mifareカードは現在3種類のカードがご利用可能です(MIFARE Ultralight、MIFARE Classic® (EV1) 1K、MIFARE Classic® (EV1) 4K)。
ICカード式社員証、事務所の鍵カードなど全てのMifare対応媒体でご利用が可能です。

通信方式:ISO/IEC 14443 TypeA
固有ID(IDm):各々7byte(14桁),4byte(8桁),4byte(8桁)
暗号処理:有り無し両方に対応

Mifareカード参考:→ ステルス・ネットワークス株式会社

おくとパスBusinessシリーズの無料体験版は機能制限がありますか?

(おくとパスBusiness10),(おくとパスBusiness8),(おくとパスBusiness7)

製品版と同じ全ての機能がお試し頂けます。
15日のご利用期限とカードをかざす行為が150回までとなります。
おくとパスBusinessシリーズの無料体験版から製品版にすることはできますか?

(おくとパスBusiness10),(おくとパスBusiness8),(おくとパスBusiness7)

使用期限以内ですとライセンスキーを取得し認証された場合に製品版とすることが可能です
使用期限が切れた無料体験版の状態では、ライセンスキーが入力できませんので再インストールが必要となります。
再インストールする場合に再度、ユーザー情報やカード情報を設定が必要でしょうか?

(おくとパスBusiness10),(おくとパスBusiness8),(おくとパスBusiness7)

ユーザー情報やカード情報は、アンインストールを行っても残っていますので
再度、設定する手間暇はございません。
おくとパスBusinessシリーズは、ICカードのみの認証も可能ですか?

(おくとパスBusiness10),(おくとパスBusiness8),(おくとパスBusiness7)

はい。おくとパスBusinessシリーズは、二要素認証以外にもICカードのみのダイレクト認証も可能です。
インストール直後は、ダイレクト認証となります。
おくとパスBusinessシリーズはスタンドアロンPCに対応していますか?

(おくとパスBusiness10),(おくとパスBusiness8),(おくとパスBusiness7)

はい。おくとパスBusinessシリーズは、スタンドアロンPCに対応しています。
ActiveDirectory対応WindowsOSで使用する場合はドメイン認証システムもご利用できます。
おくとパスBusinessシリーズは、既存のActive Directory認証サーバーと連携できますか。

(おくとパスBusiness10P),(おくとパスBusiness8),(おくとパスBusiness7)

既存のActive Directory認証サーバーと連携が可能です。新規の専用サーバーは不要です。
「ユーザ名」「パスワード」「ドメイン名」を設定し安全にログインすることができます。

→ Active Directory認証サーバーへログイン出来ない場合はこちら

Active Directory認証サーバーを複数台設定できますか。

(おくとパスBusiness10P),(おくとパスBusiness8),(おくとパスBusiness7)

Active Directory認証サーバーの情報を複数台設定することが可能です。
おくとパスBusinessに、マイクロソフトアカウントを設定することは可能ですか。

(おくとパスBusiness10P),(おくとパスBusiness8),(おくとパスBusiness7)

マイクロソフトアカウントは、設定できませんのでローカルユーザーアカウントかActiveDirectoryのDSアカウントを
      設定してください。
マイクロソフトアカウントを設定する場合にPASSWORDの空白(設定なし)は登録することができますか。

(おくとパスBusiness10P),(おくとパスBusiness8),(おくとパスBusiness7)

マイクロソフトアカウントの、PASSWORDが空白(設定なし)の場合は登録できませんので
      予めPASSWORDの設定を行っておくとパスへの登録を行ってください。
おくとパスBusinessシリーズはwindows10に対応していますか?

(おくとパスBusiness10P),(おくとパスBusiness10M),(おくとパスBusiness8)

はい。おくとパスBusiness8は、Windows8,Windows8.1,Windows10に対応しています。おくとパスBusiness7は、Windows7対応です。
おくとパスBusiness8及びおくとパス10シリーズは、Windows10 IOT EnterPriseに対応していますか?

(おくとパスBusiness8,)

はい。おくとパスBusiness8及びおくとパス10シリーズは、Windows10 IOT EnterPriseに対応しています。
おくとパスBusiness8及びおくとパス10シリーズのインストール時に必要な環境はなんですか?

(おくとパスBusiness8)

Microsoft .Net FrameWork3.5以上の環境で動作しますので導入されてない場合はマイクロソフトのサイトよりダウンロードを行いインストールしてください。
おくとパスBusiness8及びおくとパス10シリーズは、二要素認証に対応していますか?

(おくとパスBusiness8)

はい、対応しています。WindowsID+PassWordとICカードでの二要素認証となります。
おくとパスBusiness10Pは、二要素認証に対応していますか?

(おくとパスBusiness10P)

はい、対応しています。PIN(独自設定できる10桁のPASS)とICカードでの二要素認証となります。
おくとパスBusiness10のPINとはなにですか?

(おくとパスBusiness10P)

Windows10で設定できるWindows10のサインインオプションのPINとは別物で設定することができる独自の要素です。
共有PCは3台あり、ICカード所有者は100名を想定しています。ICカード所有者はどの共有PCでも利用可能とします。 この場合、おくとパスのライセンスはPC台数分購入すればよいのでしょうか? それともICカード所有者の数だけ必要になるのでしょうか?

(おくとパスBusiness全て)

ICカード所有者は100名で、共有PC3台を使用する場合でもPC1台で1ライセンスとします。 従って、3ライセンス/PCでの購入で使用することが可能です。

用語について

ドメイン・コントローラとはなんですか?

(おくとパスBusiness7)

「ドメイン・コントローラ(DC)」とは、Active Directoryのディレクトリ・データベースを管理するサーバを指します。
ネットワーク上の個々のユーザーのアカウント情報を一元管理し、それぞれのユーザーに対する「認証」やアクセスの「認可」の管理を行います。

→ ドメイン・コントローラについて詳しくはこちら

機能について

1つのユーザ名に対し、複数のFeliCaをひも付けることは出来ますか

(おくとパスBusiness7,8,10)

おくとパスBusiness7,8,10にて可能です。
おくとパス管理ツール画面を開いて、「ツール」タブをクリックします。
重複ユーザを許可するにチェックをいれた状態で1ユーザー複数枚のカードが登録可能となります。
ログイン後、カードを置いている間は使用可能で、外したらスクリーンロックということはできますか?
はい。カードリーダーからカードを外すと、自動的にwindowsロック状態になる「自動ロック機能」がございます。
また、カードリーダーにカードを置いたままでも、スクリーンセーバーの起動によって、自動的にロックがかかる「自動スクリーンロック機能」もございます。長時間席を離れる事があっても安心です。

→ 詳しくは、自動スクリーンロック機能をご覧ください。

おくとパスPersonal・おくとパスPersonal7 はActive Directory(ドメイン認証)に対応してますか?

(おくとパスPersonal),(おくとパスPersonal7)

      おくとパスPersonalシリーズは、販売及び保守が終了となりました。 いいえ。おくとパスPersonal・おくとパスPersonal7 はActive Directory(ドメイン認証)に対応していません。
Active Directory(ドメイン認証)対応をご希望の場合は、おくとパスBusiness・おくとパスBusiness7 をご利用ください。
Active Directory(Windowsドメイン接続認証)に対応したWindowsを教えてください。

(おくとパスBusiness7),(おくとパスBusiness8),(おくとパスBusiness10P)

Active Directory(Windowsドメイン接続認証)に対応したWindows :
Windows 7 Professional Edition、Windows 8 Professional Edition、Windows10 Professional Edition以上 になります。
一般ユーザーのみの登録を行いたい。他にも設定が必要ですか?

(おくとパスBusiness10P),(おくとパスBusiness8),(おくとパスBusiness7)

ユーザー登録は、管理者ユーザーの登録も行うとメンテナンスが容易です。 一般ユーザーの登録のみを行うと、管理者ユーザーへのログインはCtrl+Alt+↑にてパスワードを入力してのログインが可能となります。

→ セキュアユーザー登録と、セキュアキー割り当て方法はこちら

管理画面を一般ユーザーでは開けないような機能はありますか。
おくとパスBusiness10Pは、管理画面を開く際にパスワードが要求され管理者以外の運用はできない様になっています。
おくとパスBusinessを導入しているPCに対してリモートデスクトップ接続で入ることは可能ですか。
可能です。セーフティモード(Ctrl+Alt+Del)にてPASSを入力後にWindowsIDとWindowsPASSを使用してログインすることが可能です
おくとパスBusiness10を導入しているPCに対してリモートデスクトップ接続(Ctrl+Alt+↑)で入ることができません。
キーボード操作で反応しない場合は、電源マーク隣のソフトキーボードにて(Ctrl+Alt+Del)操作を行ってください。
複数の人で、同じログインIDを使用したいと考えています。
複数のカードで同じIDを登録することはできますか?
1つのユーザーIDに対して複数のカード情報登録が可能です。
複数カード情報の登録数は900枚で検証がすんでいます。
複数人で1台のPCを使用している場合、ログインしたカードやスクリーンロックをかけたカードと違う人のカードでもロックの解除ができますか?
ロックの解除は、ログインしたカードでないと出来ません。
違うカードをかざした場合には、現在ロックされているユーザーのログイン状況が保持され、「ユーザー切り替え」押下にてかざしたカードのユーザーでログインされます。

導入後によくあるご質問

Windows10のVer1903は対応していますか?
Windows10 homeにてOSビルド:18362.267 動作確認済みです。
FeliCa(フェリカ)を紛失してしまった場合、何か方法はありますか?
紛失やカードリーダーなどの不具合による復旧措置も対応しておりますのでどうぞご安心ください。
あるコマンドでセーフモードが動作し通常のログインのみでパソコン認証することができます。
おくとパス管理画面でカードの割り当てができません。どうしたらいいですか?

(おくとパスBusiness10P),(おくとパスBusiness8),(おくとパスBusiness7)

NFCポート自己診断にて、両方とも◯で問題ない場合は
NFCソフトウエアリムーバーでアンインストール後に、再度NFCポートソフトウエアをインストールしてください。

NFCソフトウエアリムーバーはこちら

おくとパス認証画面が表示されていますが、ICカードをかざしても反応しません。
どうしたらいいですか?

(おくとパスBusiness10P),(おくとパスBusiness8),(おくとパスBusiness7)

キーボード、マウス、FeliCaリーダーの機器類が反応するかお確かめください。
反応する場合は、マニュアルよりセーフモードに入るためのコマンドをご確認の上、入力を行ってください。
機器類が反応しない場合は、パソコンの電源を切り、再度立ち上げてください。
セーフティモード(キーボード操作にてCtrl+Alt+↑を押下し管理パスワードを入力)
管理パスワードの初期値は、1111

→ お問い合わせはこちら

Active Directory認証サーバーへログインできません。

(おくとパスBusiness10P),(おくとパスBusiness8),(おくとパスBusiness7)

Active Directoryと連携しており、 「ユーザ名」「パスワード」「コンピュータ名orドメイン名」を正確に入力したが ログインできない場合は下記をご参照ください。

→ Active Directory認証サーバーへログイン出来ない場合はこちら

その他ご質問等がございましたら、お気軽にご連絡ください。

仕様確認フォーム お問い合わせフォーム

キャンペーン
発見伝  おくとパス 実績 事例 15日間体験版