提携企業&代理店募集

IIA webニュース

今日のセキュリティ

製品紹介動画一覧ページ

今日のセキュリティ

夏休みのご家庭でのインターネット、パソコン利用時の注意

2015/07/09 09:56

そろそろ夏休みの時期に入ります。
お子様などが課題や勉強に為にパソコンを使う機会が増えるかと思います。
それを踏まえて夏休み中はパソコン利用時のセキュリティには十分気をつけましょう。

・ワンクリック請求被害
・インターネットバンキングを狙ったウイルスの感染
・ウェブサイトからのウイルス感染
・外部記憶媒体等からウイルス感染
・SNSからマルウェア感染
・ファイル共有ソフトにおける情報漏洩
・作成者不明のアプリをインストールする等

上記のような被害に会わないように気をつけましょう。
OSにアップデートをかけ常に最新の状態で使用することを心がけウィルス対策ソフトも
最新の定義ファイルにしておきましょう。
他にもインターネットを使い過ぎないように時間や閲覧するサイトに制限をかける
外部記憶媒体を使用するときは必ずウィルススキャンをかける、不明なアプリは
インストールしないなど少し気を配ることで被害は抑えることができます。

夏は活動的な季節になりインターネットも利用者が増え賑わっています。
利用時は節度を守り正しい利用を心がけるようにしましょう。


紙媒体の情報漏洩について

2015/07/08 10:07

個人情報が書かれた書類をゴミ箱にそのまま捨てたりしていませんか
何気なく書いたメモが個人情報で不要になったからといってそのままゴミ箱に捨てて
しまうと情報漏洩に繋がる恐れがあります。
ここでいう個人情報とはその人物を特定できる情報が二つ以上あれば個人情報となります。
例えば名前、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスがあります。

○○さんの電話番号とか○○のパスワードなど仕事ではあらゆる情報を付箋で渡し
取り扱うケースがあると思います。
付箋の場合大きさも小さく扱いが便利ですがその反面落としてしまう可能性があります。
ですので多く付箋を扱う場合は管理に気をつけましょう。

付箋に限ったことではありませんが重要な情報がかかれた書類が不要になった場合は
必ずシュレッダーをかけて廃棄するようにしましょう。
CDやDVDなどのメディア媒体をシュレッダーにかけることも可能です。

情報漏洩しない為に紙媒体で情報の扱いについてふれましたが仕事では大量に
資料を扱う為管理が大変です。
情報を管理する意識をしっかり持ち、取り扱えば情報漏洩は防げると思います。


海外でのパソコン、インターネット利用

2015/07/07 10:13

7月に入り夏らしい暑さになってまいりました。
夏休みで海外に出かける方も多いと思いますが出先に持っていくパソコンや携帯の
充電、利用時の対策はお済でしょうか。

パソコンの持ち運びには注意が必要で、荷物に入れると乱暴に扱われる恐れがあるため
手荷物で持ち込むようにしましょう。地域によっては治安の悪い途上国は荷物の
置き引き被害があるので肩掛けの鞄などに入れ肌身離さず持ち歩く等対策をしましょう。
その他、外務省の海外安全対策ページやガイドブックの安全対策をよく読んで
防衛策を講じて下さい。

充電周りの話になりますが日本と海外では規格が違う為渡航前に準備をしておく必要が
あります。日本だと100Vですが海外だと200V~240Vの国が多く見受けられます。
変圧器を利用するかパソコン屋さんで海外の電圧に対応したアダプタを購入しておきましょう。

インターネット利用に関してはLANケーブルを持ち込んで利用しましょう。
ネットカフェやホテルにて利用は可能ですが場所よってはダイヤルアップ接続となる場合が
ありますので注意が必要です。
最近だと公衆WiFiが利用できるホテルもあるので事前にチェックしておきましょう。


海外でのパソコンやインターネット利用ができれば観光やお買い物がスムーズにできます
正しい利用方法を理解できれば海外でも簡単にインターネットライフを楽しめそうです。

外務省 海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/



メール誤送信と対策

2015/07/06 10:10

仕事やプライベートなど日頃から頻繁に使用するメールですが誤送信をしてしまったことは
ないでしょうか。送信相手の間違い、CCでの誤送信、書きかけでの送信、添付ミスなど
様々な誤送信があります。

送信する際は内容や送信先をしっかり確認することで誤送信は少なくなりますが
急いでいる場合などにうっかりで送信してしまう時もあると思います。

対策としては
・送信する際に二名以上でクロスチェックし送信する
・送信先チェック用のツールを導入する
・ファイルを添付する場合はzipで固めてパスワードをかける
・添付ファイルのパスワードは別途送信する
などがあります。

その他にも以前の記事にも書いた「Gmailの送信したメールを取り消す」機能などがあります。

どんなに対策をしても人的ミスで誤送信が0になることはないです。
送信者がきちんと意識を持ってメールを使用すれば誤送信は減らすことはできるでしょう。


無線LANのセキュリティ対策の重要性

2015/07/03 10:11

無線LANは、電波を使って無線LANアクセスポイントと無線LAN機能を持つ子機にて
通信を行なうネットワーク環境のことです。電波が届く範囲にいれば障害物を超えて
インターネットなどが利用出来るという利便性があります。
しかし、無線という特性上外部からの不正アクセスされるという心配もあります。
そこで利用に当たり無線LAN環境のセキュリティ対策を十分に取る必要がります。

セキュリティに関しては
SSIDの設定し接続先を設定し接続可能な子機を制限する(MACアドレス設定)が
最低限必要になります。
他にも暗号化方式の種類を設定、パスワードを特定や解析されにくいものに設定し
他人が勝手に使用できないようにする必要があります。

室内のどこにいても利用ができ便利な無線LANですがセキュリティ設定をしっかり
行なわないと誰でも接続し利用が可能となるため利用の際はセキュリティ面を
意識して利用するようにしましょう。

総務省 一般利用者が安心して無線LANを利用するために
http://www.soumu.go.jp/main_content/000183224.pdf




このページの上部へ