提携企業&代理店募集

IIA webニュースページ

今日のセキュリティ

製品紹介動画一覧ページ

全てのデバイスから情報持出を禁止する設定

直接販売可能!お問い合わせください windowsVista windows7windows8windows10


よくあるお問い合わせ おくとパス|発見伝




制御したいデバイス

制御できるデバイス

詳しくはパンフレットをご覧下さい。
 → 「発見伝Select ver3.1.0」スマートデバイス制御」パンフレットはこちら




安心・高度なセキュリティを実現!全てのデバイスから情報持出を禁止する設定

情報漏洩の主な原因の1つは、パソコンからの不正な情報持ち出しです。

重要な情報を厳重にガードするため、発見伝Selectを使用し、全てのデバイスから情報持ち出しが行えない設定を行います。


情報持ち出しを防止するため、制御したいデバイス

■情報持ち出しの可能性がある記憶媒体
USBメモリースティック、外付けHDD、USB接続型のその他大容量記憶媒体、SDカード、デジタルカメラ、携帯電話、スマートフォン、携帯音楽プレーヤー、CD・DVD、MO、フロッピーディスク


情報持ち出しの可能性がある記憶媒体


情報漏洩を防ぐため、全てのデバイスから情報持ち出しを禁止するステップを実行します。

このステップを実行すると、USBメモリースティックや外付けHDD、SDカード、CD・DVD、スマートフォンやデジタルビデオカメラ等の使用制御が行えます。




1)発見伝をインストール

発見伝Select (http://www.cca-co.jp/service/hakken-select/#downloads_select)のページから インストーラーをダウンロードし、パソコンにインストールして下さい。
※インストール後は再起動が行われます。


発見伝Selectインストール方法

※注意※

「発見伝Select」をインストール直後、USBストレージを取り付けなくてもWindows Lockがかかってしまう環境では、本製品をアンインストールして下さい。

アンインストール方法はこちら →




※インストールした時点で、USBメモリースティック・外付けHDD、SDカード、スマートフォン、デジタルカメラ、MO(USB外付型)は 不正なUSBが挿入されたと判断され、不正検出時動作が行われます。

発見伝Selectインストール時に使用可・不可のUSBデバイスについて




2)『内蔵型デバイスの無効化』を「オン」に設定する

次に、CD・DVD等、パソコン内蔵型デバイスの無効化設定を行います。(外付けのCD・DVDドライブ、FDドライブも同時に設定されます。)


情報漏洩対策ソフト「発見伝Select」インストールパスワード入力画面

(「インストールパスワード入力」)→「セキュアリスト画面」→「オプション画面」→「内蔵型デバイスの無効化」→「ON」を選択。パソコンの再起動が行われます。

※「インストールパスワード」は、インストール時のパスワードです。

情報漏洩対策ソフト「発見伝」「内蔵型デバイスの無効化」機能設定


これで、 全てのデバイスに対して、不正なUSBが挿入されたと判断され 不正検出時動作が行われる設定が完了しました。

※外付けCD・DVDドライブ接続時の注意※
外付けのCD・DVDドライブは、パソコン起動前にUSB接続を行って下さい。起動後に接続すると読込可能となりますので、ご注意下さい。


以下のデバイスは、情報持ち出しが出来ない状態になりました。

「発見伝Select」デバイスからの情報漏洩対策について




『不正検出時動作』を「ログオフ」か「シャットダウン」に設定する

さらに強固なセキュリティ環境を実現するため、不正検出時動作を「ログオフ」か「シャットダウン」に必ず設定して下さい。

上記を設定すると、セキュアリスト(利用許可されたUSBストレージが登録されたリスト)に登録されていないUSBストレージがポートに差し込まれた場合、 「シャットダウン」、もしくは「ログオフ」動作が行われます。

「発見伝Select」不正検出時動作を設定


不正なUSBストレージの使用による重要データの持出しを未然に防ぎます。


不正検出時動作機能の詳細はこちら →




不正検出時動作の登録方法

「オプション画面」→「不正検出時動作」→「ログオフ」もしくは「シャットダウン」を選択。


不正検出時動作の登録方法




業務をスムーズに遂行させるため、指定されたUSBストレージのみ使用できる設定を行う

ここまでのステップで、全てのデバイスから情報持ち出しを行えない様に設定し、強固なセキュリティ環境を整えましたが、業務上USBメモリや外付けHDDにデータを保存する必要も出てきます。

その場合も安全な環境を維持出来るよう、決められたUSBストレージ(USBメモリースティックや外付けHDD)をセキュアリストに登録します。




セキュアリスト登録のUSBストレージの場合

セキュアリストに登録したUSBストレージは使用可能。
未登録のUSBストレージがUSBポートに挿入された場合は、不正検出され、「シャットダウン」「ログオフ」等の動作が行われ、情報の持ち出しが出来ません。

セキュアリスト未登録のUSBストレージが検出された場合

不正検出時動作機能の詳細はこちら →




セキュアリストの登録方法

セキュアリストの登録方法

セキュアリスト登録方法・設定例の詳細はこちら →




※注意※

「発見伝Select」をインストール直後、USBストレージを取り付けなくてもWindows Lockがかかってしまう環境では、本製品をアンインストールして下さい。

■アンインストール方法

Windows Lockを解除し、画面に表示されている「CAUTION」画面を移動させ、以下の手順に従ってアンインストールして下さい。

セキュアリストの登録方法




情報持ち出しの悩みは「発見伝Select」で解決!

情報漏洩対策ソフト「発見伝!」

情報漏洩の主な原因の1つは、PCからのデータ不正持ち出しです。

重要な情報を厳重にガードするため、発見伝Selectを使用し、全てのデバイスから情報持ち出しが行えない設定を行います。

→ 情報持ち出しの悩みは「発見伝Select」で解決!




マニュアルはこちらからご覧下さい。

マニュアルをよくお読みのうえ、正しくお使いください。


「発見伝Select」マニュアルはこちら 発見伝Select マニュアル(PDF版)




お問い合わせはこちら

お問い合わせ 』はこちら。お気軽にどうぞ。


登録商標について

発見伝は株式会社C&Cアソシエイツの登録商標です。







このページの上部へ