提携企業&代理店募集

IIA webニュースページ

今日のセキュリティ

製品紹介動画一覧ページ

「おくとパス」Business-法人・ビジネス向け-

ICカード Windowsログオン

直接販売可能!お問い合わせください 管理サーバー不要!

window_server.      WindowsXPWindows8.1Windows10



よくあるお問い合わせ おくとパス|発見伝


業務形態や情報セキュリティーポリシーに沿ったカスタマイズが可能


PCセキュリティソフト「おくとパスBusiness」

PCセキュリティソフトウェア「おくとパス」

おくとパスパンフレットはこちら

スマートフォン(フェリカ対応)で、パソコンに鍵をかけれるセキュリティソフト

全てのフェリカ対応カードが利用可能(Edyカード,Suica,PASMOなど)

セキュアキーとして利用できます。

セキュアキーとして利用できます。


現在ご使用中のICカード式社員証、Edyカード、Suica、PASMO、スマートフォンなど全てのフェリカ対応媒体(以後セキュアキーと呼ぶ)でご利用が可能です。


←左写真は、社員証をFeliCa対応リーダーにかざし、ログオンしているところです。


製品ラインナップ



ICカードやスマートフォンをWindows認証の鍵として使用できる

おくとパスBusiness8

【 おくとパスBusiness 】

「おくとパス」は、FeliCa対応スマートフォンやICカード(FeliCa・MIFARE[TypeA])をWindows認証の鍵として使用できる高度なセキュリィティソフトです。Windows Server上のActive Directoryにも対応しセキュリィティポリシー設定でのパスワード変更要求にも対応しています。

Active Directory(Windowsドメイン接続認証)対応。(対応サーバー:Windows2008server,Windows2012server )

ドメインサーバーからのパスワード変更要求にも対応可能です。


【個人情報漏洩対策は大丈夫ですか?】
大切なお客様の個人情報を守りたい方にオススメします !
個人情報や重要な社内文書など守らなければならない情報は日々増えるばかりです。 お客様の信頼を得るために、セキュリティソフトを導入し対策を行って下さい。

おくとパス概要

■「おくとパス」Business機能一覧

  おくとパス
Business7
おくとパス
Business8
O
S
VISTA /Windows7
Windows8,Windows8.1
Windows10

ActiveDirectory対応 check check
ドメイン側からの
パスワード変更要求対応
check check
接続先ドメイン名変更 check check
重複ユーザー登録機能 check check
ダイレクト・ベリファイモード check check
おくとパス管理ツール check check
ログ管理機能 check check
自動ロック機能
(カードを外すとWindowsロック)
check check
USBロック
(パスワードにて使用不可に)
check check
不正アンインストール防止機能
CD・DVDやリムーバブルドライブの
自動起動(オートラン)を無効にする機能
USBを書込み不可
(読み出し専用デバイス)とする機能
ユーザーごとに
勤怠表(CSV形式)を
出力する機能
FeliCa対応 check check
MIFARE[TYPE A]対応 ※2 check
その他カスタマイズ機能 ※1 check check
対応ICカードリーダー Sony製PaSoRi:RC-S330/S,RC-S360/S・S360/SH,RC-S370,RC-S380

※1 御社のご要望の機能を実装し半製品として出荷することが可能です。
※2 MIFAREは、RC-S330/Sのみ対応です。
※△は今後対応予定です。




おくとパス FeliCaリーダー

※FeliCa対応おくとパスをお使いの方へ、検証済みICカードリーダーについてのご案内 → 動作確認済み対応機器一覧
Sony製Pasori:RC-S330/S,RC-S360/S・S360/SH,RC-S370,RC-S380につきましては、問題なくご使用頂けます。

SONY NFCポートソフトウェア(FeliCaポートソフトウェア)




製品の特徴 - おくとパスBusiness -

ログオン

ICカード、又はスマートフォンをかざすと、Windowsログオンが行えます。


ログオン方式を選べます。

【ダイレクト・ログオン方式】


ICカード、又はスマートフォンをかざすだけで、
Active Directory(Windowsドメイン接続認証)が可能。
セキュリティーと利便性の向上を実現します。

ダイレクトモードのログオン画面




【ベリファイ・ログオン方式】


より厳重なセキュリティーを実現!
ICカード、又はスマートフォン+windows認証。

従来のパスワード入力に加え、セキュアキー認証を追加する事により、より厳重なセキュリティを実現しました。



ベリファイモードのログオン画面


※おくとパスインストール直後は、「ダイレクト・ログオン方式」でのログオンとなります。

インストールの際「おくとパス管理ツール」にて設定したICカードで ログオンしてください。


ログオン

多数のユーザーアカウントが設定されている場合も、ICカード、又はスマートフォンをかざすと、
ICカード、又はスマートフォンに登録したユーザーにログオンされます。



セーフティモード

万一カードの紛失、カードリーダーの故障などの緊急時にも安心!
セーフティモードを搭載。

通常のユーザー名、パスワードの入力のみでログオンできるモードです。 ただしこのモードを起動するには管理者の許可が必要になります。(要パスワード)


セーフティモードのログオン画面


 >> おくとパス機能一覧へ




Active Directory(Windowsドメイン接続認証)対応

Windows ドメイン認証対応

※Active Directory(Windowsドメイン接続認証)に対応したWindows :
Windows 8.1 Professional Edition以上


   window_server.    WindowsXPWindows8.1Windows10




セキュア割り当て画面

Active Directoryとの連携。パスワードの有効期限やセキュリティポリシーの変更なしに導入が可能。

1台のPCで複数ユーザーのログインに対応。(現在50ユーザーまで検証確認済)





※Active Directory認証サーバーへログイン出来ない場合※
Active Directoryと連携しており、 「ユーザ名」「パスワード」「コンピュータ名orドメイン名」を正確に入力したが ログインできない場合にお試し下さい。

下図(ドメインのツリー構造)を参考にご覧下さい。

■対処法1.
ドメイン名が「ny.us.domain.local」の様な表示方法で、末尾に「.local」が表示されている場合は「.local」を削除する。

■対処法2.
対処法1で繋がらない。もしくは、「.local」が表示されていない場合は、下記の様に設定を変更する。
例:ドメイン名「ny.us.domain」の時は、「ny」以下を削除する。


・ ドメイン名の変更は、「接続先ドメイン名変更機能」にて行えます。

→ 接続先ドメイン名変更機能 へ


ドメインのツリー構造

【ドメインのツリー構造】

ドメイン・ツリーは、名前付け規則に従い階層的に構築されます。

1つの親ドメインの下に、子ドメインが置かれ、連続的なDNS名前空間を構成します。

同じドメイン・ツリーに属するドメイン間には双方向に信頼関係が結ばれるため、 他のドメインへのアクセスも提供されます。




ドメイン・コントローラとは

「ドメイン・コントローラ(DC)」とは、Active Directoryのディレクトリ・データベースを管理するサーバを指します。

ネットワーク上の個々のユーザーのアカウント情報を一元管理し、それぞれのユーザーに対する「認証」やアクセスの「認可」を行っています。


認可されたユーザーが、認証を受けて、初めてドメイン内のリソースを利用できるようになります。

・認可 ・・・ ユーザーとコンピュータをディレクトリ・データベースに登録する作業
・認証 ・・・ データベースに基づいて正当な利用者かどうかを判定する作業


Active Directoryドメインをインストールする場合、1台以上のドメイン・コントローラが必要になります。
(※Active Directory(Windowsドメイン接続認証)に対応したWindows :
Windows 8.1 Professional Edition以上)

ドメイン・コントローラとは





Windows認証の仕組み

おくとパスWindows認証の仕組み


おくとパスWindows認証の仕組み

■「おくとパス」内の情報

PC名 /
ドメイン名
ユーザーID パスワード セキュアキー
PC2015 user01 XXXXXX 2F35652
ServerA.CCA.jp user05 XXXXXX 3562F34




セキュアユーザー登録 と セキュアキー割り当て方法


「おくとパス管理ツール」の「セキュアユーザー」タブより 「セキュアユーザー登録」を押してください。




「ユーザー名」と「パスワード」に 現在インストール作業を行っている ユーザーのWindowsのユーザー名とログオンパスワードを記入してください。


【ご注意】
必ずWindowsに登録済みのユーザー名とパスワードを設定してください。

このユーザー名とパスワードを間違えると最悪の場合、コンピューターにログオンできなくなります。

尚、Windowsログオン時にパスワード設定をしていない方はパスワードの項目は空白のままとしてください。


※ユーザー登録は、必ず管理者ユーザーの登録も行ってください。 一般ユーザーの登録のみを行うと、管理者ユーザー画面へのログインが出来なくなり、パソコン共有の重要な設定が行えなくなりますのでお気をつけ下さい。

尚、「おくとパス パーソナル版」をご使用の場合は「ドメイン」の項目は表示されません。




すべて記入後「追加」を押すと以下の確認メッセージが表示されるので「OK」を押してください。



ユーザーが登録されていることを確認してください。

ICカードリーダーの上にこのユーザーのセキュアキーとしたいFeliCa対応のICカード(またはスマートフォン)を置き、「セキュアキー割当」ボタンを押してください。



確認のダイアログがでるので「OK」を押してください


このユーザーにセキュアキーとしてFeliCa対応ICカード(またはスマートフォン)が割り当てられました。


以後、セキュアキーの割り当てられたユーザーを「セキュアユーザー」と記述します。

また、セキュアユーザーと関連付けられたFeliCa対応ICカード(またはスマートフォン)のことを、以後「セキュアキー」と記述します。




セキュリティポリシーなどによるドメイン側からのパスワード変更要求に対応!

ドメインサーバーからパスワード変更要求がきた場合、「パスワード変更画面」が開きます。

新しいパスワードを入力するだけで、自動的にパスワードが更新される為ICカードはそのまま継続して使用可能です。

パスワード変更画面




重複ユーザー登録機能 (おくとパスBusiness8)

「重複ユーザを許可する」にチェックをいれると、1つのWindowsユーザーアカウントに複数のICカードが登録できます。

これにより、1ユーザー複数人での運用が可能となります。


おくとパス管理ツール画面を開いて、「ツール」タブをクリックします。

「重複ユーザを許可する」にチェックをいれた後、「セキュアユーザー」タブにてユーザ登録を行うと、1ユーザーに複数枚のカード登録が可能となります。


重複ユーザー登録の設定は保持されませんので、その都度「重複ユーザーを許可する」へチェックを入れてください。

※セキュアユーザの登録は初回のみです。


重複ユーザー登録画面


1ユーザー複数枚のカード登録では作業の手間が軽減されますが、1ユーザー1カードの方がより高セキュリティです。

御社の運用環境にあわせてご利用ください。




接続先ドメイン名変更機能

おくとパスにユーザー登録後、ドメイン名の変更があった場合でも「おくとパス管理ツール」からドメイン名の変更が可能です。
「セキュアユーザー」タブに表示されている 任意のユーザー名の「ドメイン」をダブルクリックすると、「ドメイン名変更画面」が表示されます。再度ICカードをかざして登録を行う必要はありません。

【注意】 ドメイン名を誤って入力した場合はそのユーザーアカウントでログオンできなくなります。 変更する場合は必ずログオン可能な他のユーザーアカウントが1つ以上あることをご確認の上行ってください。

ドメイン名変更画面




※Active Directory認証サーバーへログイン出来ない場合※
Active Directoryと連携しており、 「ユーザ名」「パスワード」「コンピュータ名orドメイン名」を正確に入力したが ログインできない場合にお試し下さい。

下図(ドメインのツリー構造)を参考にご覧下さい。

■対処法1.
ドメイン名が「ny.us.domain.local」の様な表示方法で、末尾に「.local」が表示されている場合は「.local」を削除する。

■対処法2.
対処法1で繋がらない。もしくは、「.local」が表示されていない場合は、下記の様に設定を変更する。
例:ドメイン名「ny.us.domain」の時は、「ny」以下を削除する。


ドメインのツリー構造

【ドメインのツリー構造】

ドメイン・ツリーは、名前付け規則に従い階層的に構築されます。

1つの親ドメインの下に、子ドメインが置かれ、連続的なDNS名前空間を構成します。

同じドメイン・ツリーに属するドメイン間には双方向に信頼関係が結ばれるため、 他のドメインへのアクセスも提供されます。



 >> おくとパス機能一覧へ




自動スクリーンロック機能

カードリーダーにカードを置いたままでも、スクリーンセーバーの起動によって、自動的にロックがかかります。長時間席を離れる事があっても安心です。


自動スクリーンロック機能

スクリーンセーバーが起動しましたら、自動的にロックがかかります。再度、カードをかざしてログオンしてください。



※この機能を使用するには、あらかじめスクリーンセーバーの「パスワードによる保護」機能を設定してください。」

自動スクリーンロック機能
※「パスワードによる保護」にチェックを入れ、「適用」ボタンをクリックします。


 >> おくとパス機能一覧へ




自動ロック機能

自動ロック機能

カードリーダーからカードを外すと、自動的にwindowsロック状態になります。

自動ロック機能




USBロック機能

PC本体のUSBポートを、パスワードでロックおよび解除設定が出来ます。


USBロック機能


情報漏洩の主な原因の1つは、PCからのデータ不正持ち出しです。
USBロック機能を用いPC本体のUSBポートをロックする事で、 USBストレージ(USBスティックやUSBハードディスク)による情報の持ち出しを防止します。


PC本体のUSBポートをパスワードで簡単ロック及び解除


USBロック機能を使用している状態でも、マウスやキーボ-ド、フェリカリーダー、テンキー など、大容量記憶媒体以外の媒体を利用可能!日常業務に必要な操作の妨げになりません。


PC本体のUSBポートをパスワードで簡単ロック及び解除





不正利用時に解析。ログ管理機能!

ログオン、ログオフ情報をログとして記録し、いつ誰が利用したかを管理できます。

未登録のカードの使用やログオンエラーの情報も記録する為、 不正なログオンを試みた等の疑わしい行為の形跡も残すことができます。

【ログに記録される情報】
1.日時 (YYYY/MM/DD hh:mm:ss)
2.ユーザーアカウント名 (ログオンユーザー名)
3.処理内容 (ログオン or ログオフ or シャットダウン or 認証エラー)
4.ログオンモード  (ダイレクトモード or ベリファイモード or セーフティモード or 未登録カード)
5.ユーザー名 (ユーザー名 or ドメイン名)
6.FeliCaカードIDM (FeliCaカード個体識別子情報)




登録可能なユーザー数について

1台のPCに登録できるユーザー数には特に上限は設けておりません。
(現在50ユーザーまで検証確認済)



 >> おくとパス機能一覧へ



ライセンスの認証方法について

以下3つの方法からライセンスキーの取得を行う事ができます。
1.ライセンス認証Webサイトによる自動取得
2.USB媒体による一括取得(50ライセンス以上の一括購入時)
3.ライセンス認証Webサイトによる手動取得

1.ライセンス認証WEBサイトによる自動取得

Webサイト(パソコンやスマートフォン)で、ライセンス認証の自動取得が可能です。

2.USB媒体による一括取得(50ライセンス以上の一括購入時)

複数ライセンス認証も楽々操作!
20ライセンス以上のシステムでも、USBを使用して簡単認証が行えます。


1.ライセンス認証メディア(USB)をパソコンのUSBポートに挿します。

2.CCA 製品ライセンス認証画面が立ち上がったら、ライセンス認証を行なう製品の 認証実行のチェックボックスにチェックを入れます。
チェックを入れた後、ライセンス認証実行ボタンをクリックします。

CCA 製品ライセンス認証画面


3.ライセンス認証実行ボタンをクリック後、確認画面が表示されますので、OK をクリックします。

ライセンス認証確認


4.CCA 製品ライセンス認証画面の認証実行でチェックを入れた製品のライセンス認証が行なわれます。 以下の画面が表示されれば、その製品のライセンス認証は完了です。

認証完了


5.ライセンス認証を行った製品の認証済が「済」が確認できましたら終了です。
「閉じる」をクリックして終了し、ライセンスメディアをUSBポートから抜いて下さい。

ライセンス認証済


※ライセンス認証は、製品の有効期限が有効かつライセンス認証済みではないこと、 またその製品のライセンスがある場合のみライセンス認証を行なえます。

3.ライセンス認証Webサイトによる手動取得

ライセンスのみの登録を行う場合は、当社より発行されたライセンス保証書をもとに、登録を行ってください。 複数ライセンスを登録する場合は、登録ライセンス認証アプリを使用する事により、楽々認証が行えます。 (※ライセンス取得についてを参照)


ライセンス認証画面


【CCA 製品ライセンス認証画面の説明】

①現在、このPC にインストールされているCCA 製品を表示しています。
②製品の試用期限が有効または無効かを表示しています。
③既にライセンス認証が行なわれたかを表示しています。
④このチェックボックスにチェックを入れると、この製品のライセンス認証を 行なうことができます。
⑤CCA 製品を表示しています。
⑥ライセンス数設定アプリで設定したライセンスを表示しています。
⑦ライセンス認証実行ボタンを押すと認証実行のチェックボックスで、チェックを 入れた製品のライセンス認証を実行します。

CCA 製品ライセンス認証画面の説明



 >> おくとパス機能一覧へ

【注意】ログオンパスワードで使用できない文字について

※おくとパスでは、ログオンパスワードとして「;」(セミコロン)は使用できません。

ログオンパスワードに「;」(セミコロン)を使用している場合は、 コントロールパネルの「ユーザーアカウント」よりパスワードの変更を行って下さい。

ログオンパスワードで使用できない文字について






おくとパスに必要なもの


ICカードリーダーについて


ICカードリーダーについて

  ※配送に関しては、別途料金がかかります。
  ※消費税は別途申し受けます。
  ※上記価格は「おくとパス」とセットで購入する場合の価格になります。

  SONY:Pasori製品比較表
  あわせて、「【Sony製PaSoRi】動作確認済み対応機器一覧」もご覧下さい。


ICカードリーダー(SONY RC-S330)機器の貸し出しについて

おくとパス導入に必要なICカードリーダー(SONY RC-S330)を、おくとパス導入予定の法人様に限り15日間の無料貸出を行います。

新品を送付しますので、1台分の前納品とさせて頂きます。

おくとパス FeliCaリーダー


SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi(パソリ) RC-S330

RC-S330(PaSoRi)は、パソコンやプリンターなどへのログインやアプリケーション認証などの用途に利用可能な、 FeliCaやISO/IEC14443 Type A/Type Bのさまざまな非接触ICカードに対応する汎用性の高いUSB対応のリーダー/ライターです。


貸出機器:ICカードリーダー(SONY RC-S330)

貸出期間:15日間

利用方法
 お問い合わせフォームより、
 「貴社名」、「担当者のお名前(フリガナ)」、「メールアドレス」、「電話番号」等の項目を記載し、
 お問い合わせ内容に、「希望貸出期間」、「お届け先のご住所」を入力して下さい。

 FAXでも受付致します。
 必要項目を記載の上、FAX:098-979-9713 までお送り下さい。

貸出申し込み先
 お問い合わせフォーム
 FAX:098-979-9713

※貸出期間が30日を超えた場合もしくは、「おくとパス」製品の購入の申し出がない場合には
貸出機器の代金+送料(全国一律700円)をご請求させていただきます。
※貸出は無料ですが、事故や故障、機器の破損に係る費用負担は、原則お客様の責任となりますので、ご注意ください。
※貸出時の配送料は無料ですが、返品の際はお客様負担となりますのでご了承下さい。




おくとパスBusiness8 価格表

■おくとパスBusiness8(Windows8、Windows8.1、Windows10 用)
 (JANコード:4580352091049)

■価格表
パッケージライセンス料金(ライセンス価格+保守料金)
ライセンス数 ライセンス価格 保守料金
 1~10ライセンス

オープン価格
(一括払い)

(参考価格
  17,000円~26,000円)

3年間(一括払い)
ライセンス購入価格 (税抜)

の20%

5年間(一括払い)
ライセンス購入価格 (税抜)

の30%

保守料金

【保守料金】
3年間: ライセンス購入価格(税抜)の20%(一括払い)
5年間: ライセンス購入価格(税抜)の30%(一括払い)


保守内容:
1.おくとパスシリーズの再インストール、OSの入替え・バージョンアップ、 コンピュータの代替といった類の弊社製品インストール時において、 購入したライセンス数の範囲で新たなライセンスを発行します。

※弊社製品は、 インストール時にプロダクトIDが生成されるため新たなライセンスが必要となります。

2.障害時やインストール時における問題についてのお問合せは、メール・TELにて受け付けます。

support@cca-co.jp TEL:098-979-9712


21ライセンス以上

別途お見積り


お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

インストールメディア(CD) オープン価格 (参考価格 2,500円)

・掲載価格は、2016年04月01日現在の参考価格です。
・価格は変動する可能性があります。あらかじめご了承下さい。
・消費税は別途申し受けます。
※保守料金は、ライセンス購入時において必須となります。
※インストールメディアは、5ライセンス以上ご購入の場合必須となります。




「おくとパスBusiness8」体験版ダウンロード

★利用条件・試用期間中の制限など

試用制限は、ログオン回数150回または使用15日間です。
継続利用される方は、ライセンスキーを購入して頂く必要があります。
試用制限が過ぎますと通常のWindowsログイン画面へ戻ります。
安心してご試用頂けます。


下記より体験版のダウンロードが行えます。


おくとパスBusiness8FeliCa版32bit
対応OS Windows8 Windows8.1 Windows10

■FeliCa版 32bit
おくとパスBusiness8 32bit (Windows8,Windows8.1,Windows10)
FeliCa版 体験版ダウンロード
(ver1.1.9・2016/06/12 版)

「おくとパスBusiness8」体験版ダウンロード

※使用できるICカードリーダーは、【Sony製PaSoRi】RC-S330/S,RC-S360/S,RC-SC360/SH,RC-S370,RC-S380です。→ 動作確認済み対応機器一覧

※体験版でも、製品版と同じ全ての機能をご利用できます。

※Google ChromeブラウザーでWebからファイルをダウンロードする際、「不正なファイル」と判定されてブロックされることがあります。「破棄」ボタンの右側を押して「継続する」を選択してください。

chrome エラー







おくとパスBusiness864bitFeliCa版64bit
対応OS Windows8 Windows8.1 Windows10

■FeliCa版 64bit
おくとパスBusiness8 64bit (Windows8,Windows8.1,Windows10)
FeliCa版 体験版ダウンロード
(ver1.1.9・2016/06/12版)

おくとパスBusiness8(Windows7,WindowsVista,Windows8.1) FeliCa版 64bit 体験版ダウンロード

※使用できるICカードリーダーは、【Sony製PaSoRi】RC-S330/S,RC-S360/S,RC-SC360/SH,RC-S370,RC-S380です。→ 動作確認済み対応機器一覧

※体験版でも、製品版と同じ全ての機能をご利用できます。

※Google ChromeブラウザーでWebからファイルをダウンロードする際、「不正なファイル」と判定されてブロックされることがあります。「破棄」ボタンの右側を押して「継続する」を選択してください。

chrome エラー




※継続利用される方は、
ライセンスキーを購入して正規版にして頂く必要があります。


お問い合わせ 』より、「おくとパスライセンスキー購入について」ご連絡下さい。


ライセンス登録をされる場合 ライセンス登録申請 宛てに「おくとパスキー」を送信してください。
(「おくとパスキー」は「おくとパス管理ツール」内の「ライセンス登録」に記載しております)

>> ライセンス取得についての詳細はこちら





ライセンスの保守期間ついて

ライセンス証書に、「保守有効期限」が記載されておりますので期限をご確認ください。

保守期間はライセンス認証日より数えて、「○年後の月末日まで」となります。
(複数ライセンスの場合:1番目のライセンスを認証した日が起算日となります。)


下図は、保守期間:3年間 の場合です。
例)3/4 に、5ライセンス中の1ライセンス取得。この日が起算日になります。
  この場合、保守期間は、起算日(3/4)から数えて 3年後の3月末日までになります。

複数ライセンスの保守期間


ライセンス証書に、「保守有効期限」が記載されておりますので期限をご確認ください。

複数ライセンスの保守期間




製品のご案内

【おくとパスBusiness8 (CD-ROM) - Windows 8 / Windows 8.1 / Windows 10 】

●「Felica」対応Windows認証ソフト
●インストールCD-ROM、セットアップガイド
●インストール時に対応ICカードリーダーライターが必須
●ライセンスキーを取得する必要があります(セットアップガイドをご覧下さい)
●32bit/64bit版OS対応


【おくとパスBusiness8 FeliCaカードリーダー(スティックタイプ)パック】

● 「Felica」対応Windows認証ソフト
●Felicaカードリーダー(スティックタイプ)、インストールCD-ROM、セットアップガイド
●インストール時に対応ICカードリーダーライターが必須
●ライセンスキーを取得する必要があります(セットアップガイドをご覧下さい)
●32bit/64bit版OS対応


【おくとパスBusiness8 FeliCaカードリーダー(据置きタイプ)パック】

● 「Felica」対応Windows認証ソフト
●Felicaカードリーダー(据置きタイプ)、インストールCD-ROM、セットアップガイド、ライセンス証書(送料無料)
●インストール時に対応ICカードリーダーライターが必須
●ライセンスキーを取得する必要があります(セットアップガイドをご覧下さい)
●32bit/64bit版OS対応


お求めの際は、『 お問い合わせ 』より、「製品購入について」ご連絡下さい。




ライセンスの適用範囲

本ソフトウェアは許諾されるものであり、販売されるものではありません。

本ライセンスは、お客様に本ソフトウェアを使用する限定的な権利を付与します。

適用される法令により本ライセンス条項を超える権利が付与される場合を除き、お客様は本ライセンス条項で明示的に許可された方法でのみ本ソフトウェアを使用することができます。

お客様は、本ソフトウェアに組み込まれた使用方法を制限する技術的制限に従うものとします。以下の行為は一切禁止されています。

 ・本ソフトウェアの技術的制限手段を違法に回避する方法で利用すること
 ・本ソフトウェアをリバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルすること
 ・本ライセンス条項で規定された以上の数の本ソフトウェアの複製を作成すること
 ・第三者が複製できるように本ソフトウェアを公開すること
 ・本ソフトウェアをレンタル、リース、または貸与すること
 ・本ソフトウェアまたは本ライセンス条項を第三者に譲渡すること
 ・本ソフトウェアを商用ホスティング サービスで使用すること

動作環境

対応機種
PentiumⅢ以上のCPUを搭載したパソコン(PC/AT互換機)
※インストール時に対応ICカードリーダーライターが必須


対応OS
[ おくとパスBusiness 8 ] 32bit / 64bit 対応
 Microsoft Windows 8
 Microsoft Windows 8.1
 Microsoft Windows 10
※対応OSはすべて日本語版です。
※サーバーOSには対応しておりません。


ハードディスク容量
1MB程度必要(データは除く)


動作確認済み対応機器一覧

■ICカードリーダーライター
FeliCa方式
【Sony製PaSoRi】 RC-S330/S, RC-S360/S,RC-S360/SH RC-S370, RC-S380
新製品のRC-S380も確認済みです。


【 ご注意 】ご使用のFeliCaは最新版ですか?
このような症状が出た場合、カードリーダーソフトウェアの不具合かもしれません。
※コンピューターがスタンバイおよび休止状態になると、FeliCaポート/パソリが正常に動作しなくなる。

下記サイトより最新版のダウンロードをお願い致します。
Sony Japan|FeliCaポートソフトウェア




登録商標について

●スマートフォンはNTTドコモの登録商標です。
●FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
●Edyは、ビットワレット株式会社の管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。
●PiTaPaは、株式会社するっとKANSAIの登録商標です。
●eLIOは、株式会社ソニーファイナンスインターナショナルの登録商標です。
●PASMOは、株式会社パスモの登録商標です。
●Suicaは、東日本旅客鉄道 (株) の登録商標です。
●ICOCAは、西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
●TOICAは、東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。
●FeliCaプラットフォームマークは、フェリカネットワークス株式会社の登録商標です。


マニュアルはこちらからご覧下さい。

マニュアルをよくお読みのうえ、正しくお使いください。

「おくとパス」マニュアルはこちら おくとパスBusiness8 マニュアル


パンフレットもご用意しております。

「おくとパス Business8」パンフレットはこちら


【PDFのダウンロードについて】
PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。 Acrobat Readerがインストールされていない場合は、下のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。 Acrobat ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。 詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイトをご覧ください。

Acrobat Reader


※ダウンロードについて

vector おくとパスpersonalダウンロード

日本最大級のダウンロードサイトVectorよりダウンロードが行えます。
※Vectorからのダウンロードは、最新バージョンではない可能性がありますのでご注意下さい。


【 Vector 】
Vector C&Cアソシエイツ製品




無料体験版ダウンロード ICカード認証ソフト「おくとパス」・情報漏洩対策ソフト「発見伝」

弊社製品 無料体験版ダウンロード
無料体験版ダウンロード試用版でも、製品版と同じ全ての機能をご利用できます。
ご検討中の方もお気軽にご利用下さい。

無料体験版ダウンロード ICカード認証ソフト「おくとパス」・情報漏洩対策ソフト「発見伝」


ICカード認証ソフト「おくとパス」無料体験版ダウンロードへ

情報漏洩対策ソフト「発見伝」無料体験版ダウンロードへ




よくあるお問い合わせ おくとパス|発見伝

↑ 「おくとパス」/「発見伝」についてのFAQはこちらをご覧下さい。↑



ICカード Windowsログオン 製品ライセンス取得方法

Amazon でパッケージ販売はじめました


Amazonでパッケージ販売はじめました ライセンス申請はこちら






このページの上部へ