提携企業&代理店募集

IIA webニュースページ

今日のセキュリティ

製品紹介動画一覧ページ

情報漏洩対策ソフト「発見伝」Lite

業務形態や情報セキュリティーポリシーに沿ったカスタマイズが可能

1ライセンスから購入可能 直接販売可能!お問い合わせください WindowsXPwindowsVistawindows7



情報漏洩対策ソフト「発見伝Lite」

士業及び小規模企業向け「発見伝Lite!」

発見伝

情報漏洩対策ソフト「発見伝!」
情報漏洩対策ソフト「発見伝」は、USBメモリ、CD・DVD、プリンタなどの外部記録メディアへの出力、 及び添付メール、WEB閲覧を監視し、外部への情報持ち出しを抑止することで情報漏洩を防止するセキュリティソフトです。

ユーザーによるファイル操作、プリンタ出力を監視し操作履歴データを保管します。

誰がいつ何のファイルを操作及び印刷をしたかを管理することで不正アクセスの発見及びファイルの持ち出しを抑止し、情報セキュリティの向上を図ることが出来ます。




PC本体のUSBポートをパスワードで簡単ロック及び解除

PC本体のUSBポートをパスワードで簡単ロック及び解除


PC本体のUSBポートを、パスワードでロックおよび解除設定が出来ます。

ロックした場合でも マウスやキーボ-ド、フェリカリーダー、テンキー など、大容量記憶媒体以外の媒体を利用可能!日常業務に必要な操作の妨げになりません。


■使用できる
マウス、キーボ-ド、フェリカリーダー、テンキー


■使用できない
USBメモリースティック、外付けHD、USBで接続できるその他大容量記憶媒体




【USBロックの手順】

1.発見ビュアーの起動。
スタート → すべてのプログラム → 発見伝 → 「発見伝ビュアー」をクリックすると起動します。

2.ツール → 「USBロック」をクリック。

USBロックの手順

3.USBロック画面に、「ロック解除用のパスワード」(6文字以上)を入力して 「USBロック」ボタンを押してください。
※このパスワードはUSBロック解除時に必要になります。忘れないように管理して下さい。

USBロックの手順


4.確認用に2回入力して下さい。

USBロックの手順


5.USBがロックされました。「OK」を押してください。

USBロックの手順


【USBロック解除の手順】

1.USBロック画面を表示し、USBロック時に入力したパスワードを入力して 「USBロック解除」ボタンを押してください。

USBロック解除の手順


4.USBロックが解除されました。「OK」を押してください。

USBロック解除の手順





警告音発生機能!以下の操作を行うと警告音を発生します

以下の操作を行った場合、約15秒間警告音を鳴らします。

  警告音 対象となる操作 経 路
USB ・ファイルの新規作成
・コピー
・名前変更
・削除
・USB接続されているPC本体
・Windows(ドメインサーバー)
・Linux(sambaサーバー)
・NAS(Network Attached Storage)
・リモートデスクトップ
CD・DVD 挿入・取り出しの動作

警告音発生機能


ミュートにしていても強制的に警告音を鳴らします。


ただし、一部のメーカー製PCでミュートが解除されない機種があります。ご了承ください。


(NEC製のPCで一部確認されております。)


すべてのファイル操作をログ出力

■ログに出力される操作

  対象となる動作 経 路
USB ・ファイルの新規作成
・コピー
・名前変更
・削除
・USB接続されているPC本体
・Windows(ドメインサーバー)
・Linux(sambaサーバー)
・NAS(Network Attached Storage)
・リモートデスクトップ
プリント プリント出力 ・ローカルプリンタ
・ネットワークプリンタ
CD 挿入・取り出しの動作
ディスク ・ファイルの新規作成
・コピー
・名前変更
・削除
・Windows(ドメインサーバー)
・Linux(sambaサーバー)
・NAS(Network Attached Storage)
・リモートデスクトップ
・インターネットからのダウンロードファイル
・PC本体
・メール添付のファイル

※ログの保存期間は3ヶ月です。


発見伝ビューアーで簡単管理

発見伝ビューアー


警告ログ画面は、ユーザーが行った全てのファイル操作のうち、「不正持ち出しや情報流出の危険性のあるファイル操作」を行ったものを「警告ログ」として一覧で表示します。


【「警告ログ」対象となるファイル操作】
USBメモリ等の外部記録メディアへのファイル操作
・CD、DVDの挿入、及び、取り出し操作
・プリンタへの出力
・メールへの添付
・ファイルの新規作成、更新、上書き
・コピー
・名前変更
・追加
・削除
・WEB閲覧




【発見伝ビューアーで操作ログを表示するために】

発見伝ビューアーで操作ログを表示するには、まず操作ログを取り込む必要があります。 以下の手順で「操作ログ」を取り込んでください。

■操作ログの取り込み方法

1.メニューバーの「オプション」より「操作ログ取り込み」を選択

操作ログの取り込み方法


2.選択画面が表示されるので、取り込みたい年月にチェックをして「取り込み」ボタンを押す。

操作ログの取り込み方法

尚、ログの保存期間は最大3ヶ月となります。 古い月の操作ログデータから削除されますのでご注意ください。


3.「正常に取り込まれました。」と表示されたら「OK」を押して取り込み完了です。
検索条件でデータの絞り込みができるようになります。

操作ログの取り込み方法




発見伝ビューアーには「検索条件設定エリア」「警告ログ一覧表示エリア」の2つのエリアがあります。

【検索条件設定エリア】

検索条件設定エリアでは、警告ログ内から見たいデータのみを抽出する為の条件を指定することができます。

「検索」ボタンを押すことで指定した条件に合致した警告ログが、警告ログ一覧表示エリアに出力されます。

発見伝ビューアー

■各種検索方法

・日付指定による警告ログの抽出
開始終了日付を指定することで対象期間の警告ログを抽出します。

・ファイル操作で検索
ファイル操作のチェックボックスをチェックすることで、 選択された操作ログだけを警告ログ一覧に表示させることができます。
(「全て」のチェック項目以外は複数選択可)


【警告ログ一覧表示エリア】

警告ログ一覧表示エリアには検索条件エリアで指定した条件にて抽出された警告ログが表示されます。

警告ログ一覧として表示される項目は以下の通り。


■警告ログ一覧表示内容

・日付
・コンピューター名
・ユーザー名
・ファイル操作(コピー、追加、削除、名前変更(OLD)、名前変更(NEW)、変更、メール添付、WEB閲覧、挿入、取り出し、印刷)

詳細エリアには、警告ログ一覧で選択している行の詳細情報が表示されます。







発見伝の接続イメージ


発見伝の接続イメージ




メール添付ファイル監視機能の対応メーラーと文字コードの一覧

  jis UTF-8
Thunderbird(5.0)
(ISO-2022-JP)
×
OutlookExpress
(6.00.2900.5512)
×

メール添付ファイル監視機能の対応メーラーと文字コードの一覧

メール添付ファイル監視機能では、メールを送信する際の文字コードによって使用できないものがあります。


web閲覧監視機能の対応ブラウザとアカウント権限の一覧

  管理者権限 制限ユーザー
Internet Explorer
(8.0.6001.18702)
×
Mozilla Firefox(4.0.1) ×
Google Chrome
(12.0.742.122 m)
×
Safari(5.0.5) ×
Opera(11.10) ×
Grani(4.5) ×
Lunascape(6.4.6) ×
Netscape Navigator
(9.0.0.6)
×
Sleipnir(2.9.7) ×

web閲覧監視機能の対応ブラウザとアカウント権限の一覧

web閲覧監視機能では、ユーザーアカウントの権限によって使用できないものがあります。




【USB機器の取り扱い時の注意事項】



1.「発見伝」では「ハードウェアの安全な取り外し」によるUSB外部記憶メディアの取り外しを許可していいません。

USB外部記憶メディアを取り外す際は、必ずPCの電源を落としてから取り外しを行ってください。


2.「USBロック」を行っている状態で「発見伝Nano」をアンインストールしてもロックは解除されません。

「発見伝Nano」をアンインストール後、USBロックを解除したい場合、再度「発見伝Nano」をインストールし、上記「USBロック解除方法」の手順にて解除して下さい。





ライセンスの認証方法について

【2通りの認証方法】

ライセンスの認証には、2通りの方法があります。


1)1ライセンスの認証方法
1ライセンスのみの登録を行う場合は、当社より発行されたライセンス保証書をもとに、登録を行ってください。 複数ライセンスを登録する場合は、登録ライセンス認証アプリを使用する事により、楽々認証が行えます。 (※ライセンス取得についてを参照)


ライセンス認証画面


↓以下では、複数ライセンス登録の場合をご案内します。


2)複数ライセンス認証も楽々操作!
20ライセンス以上のシステムでも、USBを使用して簡単認証が行えます。


1.ライセンス認証メディア(USB)をパソコンのUSBポートに挿します。

2.CCA 製品ライセンス認証画面が立ち上がったら、ライセンス認証を行なう製品の 認証実行のチェックボックスにチェックを入れます。
チェックを入れた後、ライセンス認証実行ボタンをクリックします。

CCA 製品ライセンス認証画面


3.ライセンス認証実行ボタンをクリック後、確認画面が表示されますので、OK をクリックします。

ライセンス認証確認


4.CCA 製品ライセンス認証画面の認証実行でチェックを入れた製品のライセンス認証が行なわれます。 以下の画面が表示されれば、その製品のライセンス認証は完了です。

認証完了


5.ライセンス認証を行った製品の認証済が「済」が確認できましたら終了です。
「閉じる」をクリックして終了し、ライセンスメディアをUSBポートから抜いて下さい。

ライセンス認証済


※ライセンス認証は、製品の有効期限が有効かつライセンス認証済みではないこと、 またその製品のライセンスがある場合のみライセンス認証を行なえます。


【CCA 製品ライセンス認証画面の説明】

①現在、このPC にインストールされているCCA 製品を表示しています。
②製品の試用期限が有効または無効かを表示しています。
③既にライセンス認証が行なわれたかを表示しています。
④このチェックボックスにチェックを入れると、この製品のライセンス認証を 行なうことができます。
⑤CCA 製品を表示しています。
⑥ライセンス数設定アプリで設定したライセンスを表示しています。
⑦ライセンス認証実行ボタンを押すと認証実行のチェックボックスで、チェックを 入れた製品のライセンス認証を実行します。

CCA 製品ライセンス認証画面の説明



ご利用になる前に

ご利用になる前に、お手元のPCのシステムの種類をご確認下さい。


■Windows XP でシステムの種類を確認するには

ご利用の前に


■Windows7 でシステムの種類を確認するには

ご利用の前に




ライセンスの適用範囲

本ソフトウェアは許諾されるものであり、販売されるものではありません。

本ライセンスは、お客様に本ソフトウェアを使用する限定的な権利を付与します。

適用される法令により本ライセンス条項を超える権利が付与される場合を除き、お客様は本ライセンス条項で明示的に許可された方法でのみ本ソフトウェアを使用することができます。

お客様は、本ソフトウェアに組み込まれた使用方法を制限する技術的制限に従うものとします。以下の行為は一切禁止されています。

 ・本ソフトウェアの技術的制限手段を違法に回避する方法で利用すること
 ・本ソフトウェアをリバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルすること
 ・本ライセンス条項で規定された以上の数の本ソフトウェアの複製を作成すること
 ・第三者が複製できるように本ソフトウェアを公開すること
 ・本ソフトウェアをレンタル、リース、または貸与すること
 ・本ソフトウェアまたは本ライセンス条項を第三者に譲渡すること
 ・本ソフトウェアを商用ホスティング サービスで使用すること

動作環境

【発見伝Lite ver1.0.3】
■対応OS

Microsoft Windows XP Professional SP2/SP3
Microsoft Windows XP Home EditionSP2 以降

※ 64Bit版OSには非対応です。
※ 対象OSは日本語版Windowsのみです。
※ アップグレードしたOSでは動作保証しておりません。
※ .NET Framework 3.5 SP1以降がインストールされている必要があります。

■CPU
OS推奨値以上
推奨: 2GHz 以上

■メモリ
OS推奨値以上
推奨:2GB以上

■HDD容量
管理コンソールのインストールには、システムドライブに20MB以上の空き容量が必要です。

■ディスプレイ
1024×768以上の画面解像度で運用してください。


発見伝Lite 価格表

■発見伝Lite (JANコード:4580352092039)

1ライセンス オープン価格 (参考価格 9,000円)
保守料金

保守料金:ライセンス購入価格(税抜)の7%(2年間)

・3年間: ライセンス購入価格(税抜)の20%(一括払い)
・5年間: ライセンス購入価格(税抜)の30%(一括払い)


保守内容:
1.発見伝シリーズの再インストール、OSの入替え・バージョンアップ、 コンピュータの代替といった類の弊社製品インストール時において、 購入したライセンス数の範囲で新たなライセンスを発行します。

※弊社製品は、 インストール時にプロダクトIDが生成されるため新たなライセンスが必要となります。

2.障害時やインストール時における問題についてのお問合せは、メール・TELにて受け付けます。

support@cca-co.jp TEL:098-979-9712

インストールメディア(CD) オープン価格 (参考価格 2,500円)

・掲載価格は、2015年6月15日現在の価格です。
・価格は変動する可能性があります。あらかじめご了承下さい。
・消費税は別途申し受けます。
※保守料金は、ライセンス購入時において必須となります。
※インストールメディアは、5ライセンス以上ご購入の場合必須となります。


「発見伝Lite」無料体験版ダウンロード

★15日間無料使用可能です。

下記よりダウンロードが行えます。


対応OS WindowsXP

「発見伝Lite」ダウンロード 32bit XP対応 (ver1.0.3 2011/08/06 版)

「発見伝Lite」ダウンロード

※体験版でも、製品版と同じ全ての機能をご利用できます。




対応OS WindowsVista_32bit WindowsXP_32bit

β版「発見伝Lite」ダウンロード 32bit Vista・Windows7対応 (ver1.0.3 2014/07/03 版)

β版「発見伝Lite」ダウンロード

※体験版でも、製品版と同じ全ての機能をご利用できます。


※継続利用される方は、
ライセンスキーを購入して正規版にして頂く必要があります。


ライセンスをお求めの方はこちら
※お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。




ライセンスの保守期間ついて

ライセンス証書に、「保守有効期限」が記載されておりますので期限をご確認ください。

保守期間はライセンス認証日より数えて、「○年後の月末日まで」となります。
(複数ライセンスの場合:1番目のライセンスを認証した日が起算日となります。)


下図は、保守期間:3年間 の場合です。
例)3/4 に、5ライセンス中の1ライセンス取得。この日が起算日になります。
  この場合、保守期間は、起算日(3/4)から数えて 3年後の3月末日までになります。

複数ライセンスの保守期間


ライセンス証書に、「保守有効期限」が記載されておりますので期限をご確認ください。

複数ライセンスの保守期間




登録商標について

発見伝は株式会社C&Cアソシエイツの登録商標です。



マニュアルはこちらからご覧下さい。

マニュアルをよくお読みのうえ、正しくお使いください。


「発見伝Lite」マニュアルはこちら 発見伝Lite マニュアル(PDF版)




パンフレットもご用意しております。

「発見伝」パンフレットはこちら 「発見伝」パンフレットはこちら


ダウンロードについて

【PDFのダウンロードについて】
PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。 Acrobat Readerがインストールされていない場合は、下のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。 Acrobat ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。 詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイトをご覧ください。

PDFのダウンロードはこちら


※ダウンロードについて

vector おくとパスpersonalダウンロード

日本最大級のダウンロードサイトVectorよりダウンロードが行えます。
※Vectorからのダウンロードは、最新バージョンではない可能性がありますのでご注意下さい。


【 Vector 】
Vector C&Cアソシエイツ製品




無料体験版ダウンロード ICカード認証ソフト「おくとパス」・情報漏洩対策ソフト「発見伝」

弊社製品 無料体験版ダウンロード
無料体験版ダウンロード試用版でも、製品版と同じ全ての機能をご利用できます。
ご検討中の方もお気軽にご利用下さい。

無料体験版ダウンロード ICカード認証ソフト「おくとパス」・情報漏洩対策ソフト「発見伝」


ICカード認証ソフト「おくとパス」無料体験版ダウンロードへ

情報漏洩対策ソフト「発見伝」無料体験版ダウンロードへ




よくあるお問い合わせ おくとパス|発見伝

↑ 「おくとパス」/「発見伝」についてのFAQはこちらをご覧下さい。↑








このページの上部へ